Ciscoルータで学ぶネットワーク > スタティックルート(リカーシブルックアップ)
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆スタティックルート(リカーシブルックアップ)

スタティックルート リカーシブ(再帰)ルックアップ


 スタティックルートの指定で、出口インタフェースを指定した場合、ルータは、パケットを転送する前に、ルーティングテーブルから使用するべき出口インターフェイスを決定します。

 ここでは、スタティックルートの設定で、ネクストホップアドレスを指定した場合のルーティングテーブルの参照のされ方について、説明してゆきます。

◆ネクストホップアドレスを指定した場合の動作

 下のスタティックルートの設定のように、ネクストホップアドレスを指定した場合、出口インターフェイスを決定するために、ルーティングテーブルを2回検索することになります。

R_A(config)#ip route 192.168.3.0 255.255.255.0 192.168.2.2


 まず、1回目の検索のBで、「192.168.3.0/24」のネクストホップアドレスが、「192.168.2.2」であることをルータは知ることになります。


【1回目】

@ C 192.168.1.0/24 is directly connected, FastEthernet0/0
A C 192.168.2.0/24 is directly connected, Serial0/0/0
B S 192.168.3.0/24 [1/0] via 192.168.2.
2

 次に「192.168.2.2」の出口インターフェイスを調べる必要があります。そこで、もう一度、ルーティングテーブルを検索します。


【2回目】
C C 192.168.1.0/24 is directly connected, FastEthernet0/0
D C 192.168.2.0/24 is directly connected, Serial0/0/0
   S 192.168.3.0/24 [1/0] via 192.168.2.2


 2回目の検索のDで、やっと、出口インターフェースが「Serial0/0/0」であることをルータは、知ることができます。境界ルータとISPとの間のようなポイントツーポイントの接続には、出口インターフェイスを指定して設定するのが理想的になります。

 それは、ネクストホップアドレスで指定したスタティックルートだと出口インターフェイスを決定するのにルーティングテーブルを2回、検索することになるからです。これをリカーシブ(再帰)ルックアップと呼んでいます。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.