Ciscoルータで学ぶネットワーク > ポイズンリバース
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆ポイズンリバース

ポイズンリバース


スプリットホライズンでは、「教えてもらったことを教え返さない」という仕組みでルーティングループを防いでいました。

 しかし、スプリットホライズンの仕組みだけでは、ルーティングループを防ぐことはできません。経路情報を教えてもらったルータ以外の隣接するルータから、より悪いメトリック(遠回り)の経路情報を受け取った場合、その悪いメトリックの経路を受け入れてしまうからです。

その結果、ルーティングループを引き起こしてしまいます。


 ポイズンリバースは、スプリットホライズンの「教えてもらったことを教え返さない」というルールを破り、経路情報をくれた隣接ルータに対して、到達不可能な経路情報であれば、送り返します。メトリックが最大値の情報だけは、特別扱いするのです。


例えば、RIPでは、最大メトリックは16で、到達不能を意味しますが、この最大メトリックの経路情報だけは、送り返します。


 つまり、ポイズンリバースでは、名前の通り、Poison(毒)を明示的に送り返すことで、不正な経路情報を学習してしまわないようにします。そのため、ポイズンリバースは、ポイズンリバース付きスプリットホライズンと呼ばれています。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.