Ciscoルータで学ぶネットワーク > マルチキャストIPv4アドレス
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆マルチキャストIPv4アドレス

マルチキャストIPv4アドレス


 マルチキャストIPv4アドレスは、クラスAからクラスCまでのいずれのアドレスクラスにも該当しない特殊なクラスです。特定のグループに対してのみ、データを転送するための専用のアドレスです。このアドレスは、宛先アドレスとしてのみ使用されます。送信元アドレスは、常にユニキャストが使用されます。

 マルチキャストIPv4アドレスは、最初の4ビットが識別のために、「1110」とすることが決められていて、ホストアドレス部分はありません。「1110」から後の28ビットは、マルチキャストのグループを識別するマルチキャストグループIDとして使用されます。



マルチキャストIPv4アドレスは、「1110」から始まるため「224.0.0.0 〜 239.255.255.255」を使用することになります。

 マルチキャスト通信は、音声や映像データの一斉放送するマルチメディアアプリケーションなどで使用されます。また、ルーティングプロトコルがお互いに経路情報を交換する際にも使用されます。

 マルチキャストIPv4アドレスの割り当ては、IANAによって管理されています。主なWell-Knownマルチキャストアドレスには、以下のものがあります。

マルチキャストアドレス 対象
224.0.0.1 サブネット上の全てのホスト
224.0.0.2 サブネット上の全てのルータ
224.0.0.4 全てのDBMRPルータ
224.0.0.5 全てのOSPFルータ
224.0.0.6 全てのOSPFルータ DR
224.0.0.9 全てのRIPv2ルータ
224.0.0.10 全てのEIGRPルータ
224.0.0.13 全てのPIMルータ
224.0.1.1 NTP
マルチキャストIPv4アドレス Ciscoルータで学ぶネットワーク
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.