Ciscoルータで学ぶネットワーク > ルーティングプロトコルの種類
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆ルーティングプロトコルの種類

ルーティングプロトコルの種類


動的にルーティングテーブルの維持と管理を行うルーティングプロトコルには、複数の種類があります。

大きく分けると次の2種類に分類することができます。

●自律システム間のルーティング用
●自律システム内ルーティング用


自律システムとは、別名、AS(Autonomous System)と言い、1つの管理ポリシーで制御されるネットワークの集合体のことです。

※複数の管理ポリシーで制御される場合もあります。

 自律システムはISPやプロバイダなどにIANAにより一意な番号が割り振られ、管理されています。LAN内で使用する場合は、管理者が任意に割り当てて使用することができます。

インターネットは、この自律システムが複数集まって形成しています。



 自律システム間のルーティングを行うプロトコルをEGP(Exterior Gateway Protocol)と呼び、自律システム内のルーティングを行うプロトコルはIGP(Interior Gateway Protocol)と呼びます。

EGP、IGPには、以下のような種類があります。

◆EGP
 ●EGP (Exterior Gateway Protocol)
  ※種別と同名で紛らわしい。
 ●BGP (Border Gateway Protocol)

 EGPのプロトコルについては、CCENT、CCNAでは、BGPは紹介程度しか出てきません。BGPは、様々なパス属性があり、複雑な条件でルートを決定します。

◆IGP
 ●RIP (Routing Information Protocol)
 ●OSPF (Open Shortest Path First)
 ●IS-IS (Intermediate Sysytem to Intermediate Sysytem)
 ●IGRP (Interior Gateway Routing Protocol)
 ●EIGRP (Enhanced Interior Gateway Routing Protocol)
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.