Ciscoルータで学ぶネットワーク > ダイナミックルーティングとは
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆ダイナミックルーティングとは

ダイナミックルーティングとは


ルーティングテーブルの生成と管理する方法は、大きく分けると2種類あります。

●スタティックルーティング
●ダイナミックルーティング


ここでは、動的にルーティングテーブルの維持と管理を行うダイナミックルーティングについて説明して行きます。

 ダイナミックルーティングでは、他のルータとネットワーク経路に関する情報を交換し、共有することで、ルーティングテーブルを作成しています。

 この動作を行うのに使用されるプロトコルがルーティングプロトコルです。ルーティングプロトコルごとに、以下に示した内容が異なります。

●交換する情報
●情報を交換するルータの決定
●情報を交換するタイミングと間隔
●受け取った情報の処理方法
●ベストパスを決定する基準


 ルーティングプロトコルは様々な種類があり、ネットワークの規模や構成に応じて使い分けます。特長もルーティングプロトコルによって様々です。

 ルーティングプロトコルは、他のルータとネットワーク経路情報を交換することで、ネットワーク上の経路情報をかき集めます。集めた情報は、各ルーティングプロトコルごとに用意されるDBに蓄積してゆきます。その蓄積した情報の中から、各々のネットワークへのベストパス(最適経路)を選択してルーティングテーブルを作成します。

 ベストパスは、メトリックと呼ばれる数値を基準に求められます。このメトリックはルーティングプロトコルによって使用する値や算出方法が異なり、メトリックが小さい値ほど最適な経路とみなします。


例えば、RIPの場合は、経由するルータの数(ホップ数)をメトリックとして使用しています。


 上の図の場合、上の経路では、メトリックが2、下の経路では、メトリックが3となり、上を通る経路がベストパスになります。メトリックが同じ場合は、RIPやIGRP、EIGRPなどでは、等コストバランスに負荷分散が行われます。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.