Ciscoルータで学ぶネットワーク > ディスタンスベクタ型の経路学習
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆ディスタンスベクタ型の経路学習

ディスタンスベクタ型の経路学習


 ディスタンスベクタ(Distance vector)型とは、距離(distance)と方向(vector)に基づいて最適なルートを選出してルーティングを行うプロトコルの総称です。

ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルには、RIPやIGRPがあります。

 ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルの歴史は古く、特にRIPは、今のインターネットの前身であるARPANETの時代から存在しています。

古いからといって現在、ほとんど使われていないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

 古いプロトコルであるにもかかわらず、現在でも小規模なネットワークでは、よく利用されています。特にRIPは仕組みが単純であるために、実装するのも、設定を行うのも容易であることが、その理由です。ということで、非常に古いルーティングプロトコルであるにもかかわらず、現在でも現役バリバリで使用されています。

それでは、RIPを例にディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルがどのようにルーティングを行うのかを説明して行きます。

上で、説明しているように、ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルは、

distance ・・・ 距離
vector ・・・ 方向

「距離」と「方向」を根拠にルーティングを行います。

それでは実際にどのような動作をするのかを見ていきましょう

 ディスタンスベクタでは、各ルータが自分が学習した経路情報(ルーティングテーブル)の丸ごとを隣接ルータにアドバタイズ(送信)します。

このアドバタイズする情報の中にそのネットワークに到達するための距離と方向が含まれています。



 アドバタイズを受け取ったルータは、自分がまだ、学習していないネットワークへの経路情報があった場合、自分のルーティングテーブルにその経路情報を追加します。

複数のアドバタイズを受け取り、同じネットワークへの経路情報を複数、取得した場合は、どうなるのでしょうか?


例えば、Router_Aは、Router_BとRouter_Cから、「192.168.3.0/24」の経路を受け取ることになります。


 Router_Aは、Router_B(192.168.2.2)から学習した経路のメトリックの方が小さいので、Router_Bから学習した経路をベストパスに決定しルーティングテーブルに載せます。

 この動作は、ネットワーク上の全てのルータで行われ、最終的に全てのルータが同じルーティングテーブルを持つようになります。この状態を、コンバージェンス(収束)と言います。

収束していなければ、整合性が保てずルーティングループなどの問題が発生します。

これが、ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルの動作の流れになります。とても単純なアルゴリズムで動作しています。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.