Ciscoルータで学ぶネットワーク > コンバージェンス(収束)の問題
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆コンバージェンス(収束)の問題

コンバージェンス(収束)の問題


 ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルは、非常に単純なアルゴリズムで動作するため、現在でも小規模ネットワークでは、よく利用されています。

しかし、単純なアルゴリズムであるが上、欠点も持ち合わせています。

その一つが、コンバージェンス(収束)の問題です。

 コンバージェンスとは、ネットワーク上の全てのルータで行われ、最終的に全てのルータが同じルーティングテーブルを持つようになる状態のことです。

例えば、RIPの場合で話をしてゆきます。

RIPは、30秒間隔でアップデートを送信します。


 上の図を見れば分かるように、Router_Aが学習した内容がRouter_Eに届くには、単純計算で、30秒×3=90秒かかってしまう計算になります。


下図のように192.168.1.0/24ネットワークがダウンしてしまった場合について考えてみます。


Router_CやRouter_Dに192.168.1.0/24ネットワークがダウンしているという情報が、届くまでには、時間がかかってしまいます。

 Router_CやRouter_Dは、192.168.1.0/24ネットワークがダウンしているという情報が届くまでは、まだ、192.168.1.0/24ネットワークへパケットを転送できると思っているので、192.168.1.0/24宛てのパケットを転送してしまいます。


 結局、Router_Dまで、192.168.1.0/24ネットワークがダウンしているという情報が届くまでに90秒かかってしまうことになり、その間、間違った経路情報でルーティングが行われてしまうことになります。

もっと大きなネットワークであった場合は、どうでしょうか?

収束するのに、もっと時間がかかってしまうことは容易に想像できると思います。

 コンバージェンスに時間がかかるということは、収束するまでの間、ネットワークの状態が不安定になります。たとえば、ルーティングループが発生するなどの問題が出てきます。

 このような事態に陥らないように、トリガアップデートなどの仕組みが用意されています。トリガアップデートとは、ネットワーク内の変更を検出した場合に定期的な更新を待たずに、すぐに経路情報を送信することです。

トリガアップデートによりコンバージェンスにかかる時間を短縮することができます。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.