Ciscoルータで学ぶネットワーク > static アドレスの設定(mac-address-table static)
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆static アドレスの設定(mac-address-table static)

static アドレスの設定(mac-address-table static)


 特定の宛先MACアドレスを指定したインタフェースに関連付けしたい(インタフェースから転送したい)場合は、グローバル設定モードで「mac-address-table static」コマンドで登録します。

Switch(config)#mac-address-table static <宛先MACアドレス> interface <ポート番号> vlan <VLAN番号>

ネットワーク構成を下の図のように構成し、「mac-address static」コマンドを検証してみます。


◆Switchの設定

宛先MACアドレスには、PC2のMACアドレスを指定します。

あらかじめ、PC2のMACアドレスを調べておきます。

宛先MACアドレスをVLAN1に所属するポート「f0/2」に関連付けます。

Switch(config)#mac-address-table static 000f.20ca.3e95 interface f0/2 vlan 1

MACアドレステーブルを表示する

「show mac-address-table 」コマンドで確認すると、PC2のMACアドレスが、「f0/2」に関連付けられていることが分かります。

Switch#show mac-address-table

●「show mac-address-table」コマンドの出力
Switch#show mac-address-table
Dynamic Address Count:                 1
Secure Address Count:                  0
Static Address (User-defined) Count:   1
System Self Address Count:             25
Total MAC addresses:                   27
Maximum MAC addresses:                 8192
Non-static Address Table:
Destination Address  Address Type  VLAN  Destination Port
-------------------  ------------  ----  --------------------
00e0.b063.e863       Dynamic          1  FastEthernet0/1

Static Address Table:
Destination Address   VLAN  Input Port  Output Ports
-------------------   ----  ----------  -----------------------
000f.20ca.3e95           1  ALL         Fa0/2


それでは、PC1からPC2にpingをしてみます。

pingは、通ります。


PC2の接続先ポートを「f0/2」から「f0/3」に変更します。


PC1からPC2にpingをしてみます。

pingは失敗します。

 このように、「mac-address-table static」コマンドを使用すると、特定の宛先MACアドレスを指定したインタフェースから転送することができます。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.