Ciscoルータで学ぶネットワーク > secure アドレスの設定(mac-address-table secure)
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆secure アドレスの設定(mac-address-table secure)

secure アドレスの設定(mac-address-table secure)


 送信元MACアドレスを指定したインタフェースに関連付けたい場合は、グローバル設定モードで「mac-address-table secure」コマンドを使用します。

 このコマンドを使用することにより、登録した送信元MACアドレスを持つ端末だけしか、指定したポートに接続できないようにすることができます。

Switch(config)#mac-address-table secure <宛先MACアドレス> <ポート番号> vlan <VLAN番号>

ネットワーク構成を下の図のように構成し、「mac-address-table secure」コマンドを検証してみます。

 設定が完了するまでは、「f0/1」ポートのケーブルは、外しておきます。もたもた設定しているうちに、secureアドレスを学習してしまうことがあるからです。


 ここでは、セキュアアドレスとして、PC1のMACアドレスを登録します。記憶できるMACアドレスを1つに限定することで、PC1以外のMACアドレスを持つ機器との接続を禁止します。

◆ポートセキュリティを有効にする

ポートセキュリティを有効にするには、適用したいインタフェースの設定モードで「switchport port-security」コマンドを実行します。

Switch(config-if)#switchport port-security

◆最大接続数を変更する

最大接続数を変更するには、「switchport port-security maximum」コマンドを使用します。

Switch(config-if)#switchport port-security maximum <数>


◆スイッチの設定

送信元MACアドレスには、PC1のMACアドレスを登録します。

あらかじめ、PC1のMACアドレスを調べておきます。

送信元MACアドレスをVLAN1に所属するポート「f0/1」に関連付けます。

Switch(config)#mac-address-table secure 0018.f323.20b5 f0/1 vlan 1
Switch(config)#int f0/1

記憶できるMACアドレスの数を1つに制限します。これで、登録したMACアドレス以外からの接続を禁止できます。

Switch(config-if)#port security
Switch(config-if)#port security max-mac-count 1

設定が完了したら、「f0/1」にケーブルを接続します。

それでは、PC1からPC2にpingをしてみます。

Pingは、通ります。

PC1をスイッチから取り外し、違う端末(PC3)を接続します。


それでは、PC3からPC2にpingしてみます。

pingは、失敗します。

 「mac-address-table secure」コマンドを使用すると、登録した送信元MACアドレスを持つ端末だけしか、指定したポートに接続できないようにすることができます。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.