Ciscoルータで学ぶネットワーク > パスワードの設定(line vty 0 15)
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆パスワードの設定(line vty 0 15)

パスワードの設定(line vty 0 15)


CatalystスイッチにIPアドレスを割り当てて、Telnetで操作してみましょう!

 CatalystスイッチでVLAN1にIPアドレスを割り当てるには、インタフェースコンフィグレーションモードで、「ip address」コマンドを使用します。

Switch(config)#interface vlan 1
Switch(config-if)#ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
Switch(config-if)#no shutdown

下図のようにネットワークを構成して、スイッチに向けてPCからpingをしてみます。

デフォルトで全てのポートはVLAN1に所属していますので、スイッチのどのポートに接続してもかまいません。


PCからpingを行います。

 

pingは、成功します。

それでは、telnetしてみます。

 


あれ!

pingができたのに・・・

仮想回線へのパスワードが設定されていないと、接続は拒否されてしまうのです。


仮想回線(vty回線)のパスワード設定


コンソールパスワードを設定するには、グローバル設定モードで、以下のように入力します。

Switch(config)#line vty 0 4
Switch(config-line)#password {パスワード}
Switch(config-line)#login

vty回線へのパスワードを「ccna」に設定します。

Switch(config)#line vty 0 15
Switch(config-line)#password ccna
Switch(config-line)#login

再度、PCからスイッチに対してtelnet接続を行います。

 

今度は、vty回線のパスワードが設定されているので、接続できます。

 Ciscoルータでは、vty回線が0〜4番まででしたが、Catalystスイッチの場合、vty回線が0〜15まで用意されています。一般的に、vty回線へのパスワードは、同じパスワードを設定します。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.