Ciscoルータで学ぶネットワーク > スイッチのインタフェース設定モード
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆スイッチのインタフェース設定モード

スイッチのインタフェース設定モード


スイッチは、ルータと比べてたくさんのEthernetのポートを装備しています。

 何も設定されていないスイッチの設定を「show running-config」コマンドで確認してみると次のように表示されます。インタフェースが、「FastEthernet0/番号」になっていることが確認できます。

Switch#show runnning-config

Switch#show running-config
Building configuration...

Current configuration:
!
version 12.0
no service pad
service timestamps debug uptime
service timestamps log uptime
no service password-encryption
!
hostname Switch
!
ip subnet-zero
!
interface FastEthernet0/1
!
interface FastEthernet0/2
!
interface FastEthernet0/3
!
interface FastEthernet0/4
!
interface FastEthernet0/5
!
interface FastEthernet0/6
!
interface FastEthernet0/7
!
interface FastEthernet0/8
!
interface FastEthernet0/9
!
interface FastEthernet0/10
!
interface FastEthernet0/11
!
interface FastEthernet0/12
!
interface FastEthernet0/13
!
interface FastEthernet0/14
!
interface FastEthernet0/15
!
interface FastEthernet0/16
!
interface FastEthernet0/17
!
interface FastEthernet0/18
!
interface FastEthernet0/19
!
interface FastEthernet0/20
!
interface FastEthernet0/21
!
interface FastEthernet0/22
!
interface FastEthernet0/23
!
interface FastEthernet0/24
!
interface VLAN1
 no ip directed-broadcast
 no ip route-cache
!
!
line con 0
 transport input none
 stopbits 1
line vty 5 15
!
end


インタフェース設定モードに入るためには、

Switch(config)#interface fastEthernet 0/<番号>

番号:1〜24

でポートを指定する必要があります。ルータのように「0」番は、ないので注意して下さい。

例えば、1番目のポートを設定したい場合は、次のように入力します。

Switch(config)#interface fastEthernet 0/1
Switch(config-if)#

省略コマンドで、

Switch(config)#int f0/1

と入力しても上の「interface fastEthernet 0/1」と同様の結果が得られます。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.