Ciscoルータで学ぶネットワーク > ポートの設定(半二重・全二重・スピード)
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆ポートの設定(半二重・全二重・スピード)

ポートの設定(半二重・全二重・スピード)


◆duplex コマンド

 Catalystでポートの動作モードを自動、全二重、半二重に切り替えるには、グローバル設定モードで、「duplex」コマンドを使用します。

Switch(config)#duplex <auto | full | hal>}

●オプション指定
モード 状態
auto 自動
full 全二重
half 半二重

例えば、f0/1の動作を半二重に切り替えるには、次の設定を行います。

Switch(config)#int f0/1
Switch(config-if)#duplex half


◆spped コマンド

Catalystスイッチでポートの動作速度を変更するには、インターフェース設定モードで、「speed」コマンドを使用します。

 Catalystスイッチは、10/100Mbpsで動作します。スパニングツリーを学習する際、ポートの動作スピードを変更すると便利です。ポートの動作速度を変更するとコストが変わります。

Switch(config-if)#speed <10 | 100 | auto>

●オプション指定
状態
10 10Mbps
100 100Mbps
auto 自動

例えば、f0/1の動作スピードを10Mbpsにしたい場合には、次の設定を行います。

Switch(config)#int f0/1
Switch(config-if)#speed 10
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.