Ciscoルータで学ぶネットワーク > デフォルトゲートウェイの設定(ip default-gateway)
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆デフォルトゲートウェイの設定(ip default-gateway)

デフォルトゲートウェイの設定(ip default-gateway)


Catalystスイッチにデフォルトゲートウェイを設定するには、グローバル設定モードで「ip default-gateway」コマンドを使用します。

Switch#ip default-gateway <デフォルトゲートウェイのIPアドレス>

デフォルトゲートウェイの設定には、サブネットマスクの情報は、必要ないので注意して下さい。

 スイッチにデフォルトゲートウェイを設定しない場合は、スイッチにアクセスする端末は、同一ネットワーク内に制限されますが、スイッチにデフォルトゲートウェイを設定することで、端末が異なるネットワークにあってもアクセスできるようになります。

●デフォルトゲートウェイの設定
Switch(config)#ip default-gateway 192.168.1.254
Switch(config)#int vlan 1
Switch(config-if)#ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
Switch(config-if)#no shutdown


設定した内容は、「show running-config」で確認することができます。

●「show running-config」コマンドの出力
Switch#show running-config
 ・
 ・
!
interface FastEthernet0/24
!
interface VLAN1
 ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
 no ip directed-broadcast
 no ip route-cache
!
ip default-gateway 192.168.1.254
!
line con 0
 transport input none
 stopbits 1
line vty 0 4
 password ccna
 login
line vty 5 15
 password ccna
 login
!
end

◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.