Ciscoルータで学ぶネットワーク > ネットワーク層のプロトコルを確認する
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆ネットワーク層のプロトコルを確認する

ネットワーク層のプロトコルを確認する


ルータで現在稼動しているネットワーク層のプロトコルを確認するには、

「show protocols」コマンドを使います。

Router#show protocols

各インタフェースに設定されている、IPアドレスなどのネットワーク層のアドレス情報やインタフェースの状態の確認が行えます。

「show ip protocols」とコマンドが似ていますが、出力される内容は、異なります。

状況に合わせて使い分けをします。

Router#show ip protocols ・・・ ルーティングプロトコルの状態を確認
Router#show protocol ・・・ 全インタフェースの状態とルーテッドプロコルの確認

●「show protocols」コマンドの出力結果
Router#show protocols
Global values:
  Internet Protocol routing is enabled
Ethernet0 is administratively down, line protocol is down
Serial0 is up, line protocol is up
  Internet address is 192.168.1.1/24
Serial1 is administratively down, line protocol is down
TokenRing0 is administratively down, line protocol is down


◆ルーティングプロトコルの確認

 稼働中のルーティングプロトコルを確認するには、「show ip protocols」コマンドを使用します。アドミニストレーティブディスタンスをはじめ、ルーティングプロトコルのアップデート間隔など、ルーティングプロトコル固有のパラメータを確認することができます。

Router#show ip protocols

●「show protocols」コマンドの出力結果
Router#show ip protocols
Routing Protocol is "rip"
  Sending updates every 30 seconds, next due in 17 seconds
  Invalid after 180 seconds, hold down 180, flushed after 240
  Outgoing update filter list for all interfaces is not set
  Incoming update filter list for all interfaces is not set
  Redistributing: rip
  Default version control: send version 1, receive any version
    Interface        Send  Recv   Key-chain
    Serial0          1     1 2
  Routing for Networks:
    192.168.1.0
  Routing Information Sources:
    Gateway         Distance      Last Update
  Distance: (default is 120)

 上の出力では、現在、このルータには、RIPが設定されていることが分かります。30間隔でルーティングアップデートを送信していることや、アドミニストレーティブディスタンスの値が120であることなどが確認ができます。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.