Ciscoルータで学ぶネットワーク > show ip interface briefコマンド
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆show ip interface briefコマンド

show ip interface briefコマンド


 ルータが装備している全てのインタフェースのステータスを表示するコマンドには、「show interfaces」コマンドがあるのですが、このコマンドの出力が、少々長いのが難点です。

途中で

「 --More--」

が出力されて何回もスクロールしなければなりません。

とりあえず、物理層、データリンク層の「up」「down」を知りたい時に便利なのが、以下のコマンドです。

Router#show ip interface brief

ルータに搭載されている全てのインタフェースのステータスを要約して表示することができます。

Router#show ip interface brief

●「show ip interface brief」コマンドの出力
Router_A#show ip interface brief
Interface              IP-Address      OK? Method Status                Protocol
Ethernet0              unassigned      YES unset  administratively down down
Serial0                192.168.1.1     YES NVRAM  up                    up
Serial1                unassigned      YES unset  administratively down down
TokenRing0             unassigned      YES unset  administratively down down

あわてて設定するとついつい忘れてしまうのが

●「no shutdown」コマンド
●データリンク層のカプセル化の指定
●「clockrate」コマンド

などです。

「show ip interface brief」コマンドを使えば、そんな、うっかりミスも直ぐに見つけることができます。


ちなみに、物理層、データリンク層の「up」「down」を知ることによって以下ような原因を推測することができます。

●物理層とデータリンク層の状態
物理層 データリンク層 インタフェースの状態 トラブルの原因
up up 問題なし  
up down データリンク層の問題 ・カプセル化の間違い
・クロックレートの問題
・キープアライブの失敗
down down 物理層の問題 ・ケーブル破損
・ケーブル配線
・インタフェースの破損
administratively down down 管理者が意図的にダウンさせている。 ・管理目的で、インタフェースをshutdownしている。
down up ありえません。 物理層がdownすれば、必ずデータリンク層もダウンしま。す

「show ip interface brief」コマンドは、便利なコマンドなので覚えておきましょう!
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.