Ciscoルータで学ぶネットワーク > show interfacesコマンド
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆show interfacesコマンド

show interfacesコマンド


 「show interfaces」コマンドを使うとレイヤ1〜レイヤ3までの主要な情報を確認することができます。コマンドの出力結果がとても長くなりますが、出力結果の内容を理解することはトラブルシューティングする上で役立ちます。

 「show interfaces」コマンドは、特権モードで入力するコマンドです。インタフェースを指定しない場合は、全てのインタフェースがの情報が表示されます。

Router#show interfaces

 インタフェースの物理層・データリンク層の状態については、「インタフェースの確認(物理層・データリンク層)」で解説しています。そちらを参考にして下さい。

特定のインタフェースだけのスタータスを確認がしたい場合には、引数にインタフェースを指定します。

Router#show interfaces <インタフェース名> <インタフェース番号>

◆データリンク層のカプセル化を確認する

例えば、「Serial 0」のデータリンク層のカプセル化を確認するには、以下のコマンドを指定します。

Router#show interfaces serial 0

●「show interfaces serial 0」コマンドの出力結果
Router#show interfaces serial 0
Serial0 is up, line protocol is up
  Hardware is HD64570
  Internet address is 192.168.1.1/24
  MTU 1500 bytes, BW 64 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
  Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive set (10 sec)
  Last input 00:00:02, output 00:00:07, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0 (size/max/drops); Total output drops: 0
  Queueing strategy: weighted fair
  Output queue: 0/64/0 (size/threshold/drops)
     Conversations  0/1 (active/max active)
     Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     543 packets input, 32249 bytes, 0 no buffer
     Received 543 broadcasts, 0 runts, 0 giants
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     613 packets output, 34433 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 25 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
     48 carrier transitions
     DCD=up  DSR=up  DTR=up  RTS=up  CTS=up

 上の黄色の網掛けになっている部分は、データリンク層のカプセル化タイプです。データリンク層のカプセル化を特に指定していない場合は、「Cisco HDLC」になります。

 Serialリンクの両側でカプセル化のタイプを同じカプセル化を指定しておく必要があります。物理層がUPしていてデータリンク層がDownしている場合は、データリンク層のカプセル化を確認して下さい。

他にも

●IPアドレス
●サブネットマスク
●BW(帯域幅)
●MTU

などの確認もできます。


◆MACアドレスを確認する

「Ethernet 0」のステータスを確認してみます。以下のコマンドを指定します。

Router#show interfaces ethernet 0

●「show interfaces ethernet 0」コマンドの出力
Router#show interfaces ethernet 0
Ethernet0 is up, line protocol is up
  Hardware is Lance, address is 0060.4741.1554 (bia 0060.4741.1554)
  Internet address is 172.18.1.1/16
  MTU 1500 bytes, BW 10000 Kbit, DLY 1000 usec, rely 133/255, load 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set, keepalive not set
  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
  Last input never, output 00:00:15, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Queueing strategy: fifo
  Output queue 0/40, 0 drops; input queue 0/75, 0 drops
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
     Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     0 input packets with dribble condition detected
     103 packets output, 14870 bytes, 0 underruns
     103 output errors, 0 collisions, 2 interface resets
     0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
     103 lost carrier, 0 no carrier
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

 インタフェースのMACアドレスが確認できます。また、「Encapsulation ARPA」と表示されていることから、データリンク層では、EthernetUでカプセル化されていることが分かります。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.