Ciscoルータで学ぶネットワーク > show controllersコマンド(物理層の確認)
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆show controllersコマンド(物理層の確認)

show controllersコマンド(物理層の確認)


ルータを「Back-to-Back」接続するには、一方のルータを擬似的にDCEにする必要があります。

 DCE側には、クロックレートを設定しますが、どちらのルータが、DCEになるのかは、ケーブルによって決まるようになっています。通常は、シリアルケーブルは、下の写真のように、「DCE」、「DTE」とマークが付いています。

ケーブルによっては、コネクタ付近にラベルが付いています。



 DCEと書かれているケーブルを挿したルータがDCEになるのですが、ルータのケーブル配線がラックの後ろ側にあって確認しにくい場合や、ラベルが付いていない場合に、「show controllers serial」コマンドを使えば、どちらが、DCE、DTEであるのか確認できます。

Router#show controllers serial <インタフェース名> <インタフェース番号>

●「show interfaces」コマンドの出力結果
Router#show controllers serial 0
HD unit 0, idb = 0xB16C0, driver structure at 0xB5A18
buffer size 1524  HD unit 0, V.35 DCE cable, clockrate 64000
cpb = 0x24, eda = 0xC118, cda = 0xC12C
RX ring with 16 entries at 0x24C000
00 bd_ptr=0xC000 pak=0x0B6D20 ds=0x250D10 status=80 pak_size=22
01 bd_ptr=0xC014 pak=0x0B6B70 ds=0x250658 status=80 pak_size=22
02 bd_ptr=0xC028 pak=0x0B69C0 ds=0x24FFA0 status=80 pak_size=22
03 bd_ptr=0xC03C pak=0x0B6810 ds=0x24F8E8 status=80 pak_size=279
04 bd_ptr=0xC050 pak=0x0B84C0 ds=0x256B20 status=80 pak_size=22
05 bd_ptr=0xC064 pak=0x0B8310 ds=0x256468 status=80 pak_size=22
06 bd_ptr=0xC078 pak=0x0B8160 ds=0x255DB0 status=80 pak_size=22
07 bd_ptr=0xC08C pak=0x0B7FB0 ds=0x2556F8 status=80 pak_size=22
08 bd_ptr=0xC0A0 pak=0x0B7E00 ds=0x255040 status=80 pak_size=22
09 bd_ptr=0xC0B4 pak=0x0B7C50 ds=0x254988 status=80 pak_size=22
10 bd_ptr=0xC0C8 pak=0x0B7AA0 ds=0x2542D0 status=80 pak_size=279
11 bd_ptr=0xC0DC pak=0x0B78F0 ds=0x253C18 status=80 pak_size=22
12 bd_ptr=0xC0F0 pak=0x0B7740 ds=0x253560 status=80 pak_size=22
13 bd_ptr=0xC104 pak=0x0B7590 ds=0x252EA8 status=80 pak_size=22
14 bd_ptr=0xC118 pak=0x0B73E0 ds=0x2527F0 status=80 pak_size=22
15 bd_ptr=0xC12C pak=0x0B7080 ds=0x251A80 status=80 pak_size=22
16 bd_ptr=0xC140 pak=0x0B6ED0 ds=0x2513C8 status=80 pak_size=22
cpb = 0x24, eda = 0xC828, cda = 0xC828
TX ring with 2 entries at 0x24C800
00 bd_ptr=0xC800 pak=0x000000 ds=0x268CB4 status=80 pak_size=22
01 bd_ptr=0xC814 pak=0x000000 ds=0x268CB4 status=80 pak_size=22
02 bd_ptr=0xC828 pak=0x000000 ds=0x27D498 status=80 pak_size=284
0 missed datagrams, 0 overruns
0 bad datagram encapsulations, 0 memory errors
0 transmitter underruns
0 residual bit errors

DCE側であると判明したら、「clock rate」コマンドでクロックレートの設定を行います。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.