Ciscoルータで学ぶネットワーク > ホスト名の設定
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆ホスト名の設定

ホスト名の設定


 ルータやスイッチの設定で、最初に設定しておきたいのが、ホストの名前の設定です。ルータのデフォルトの名前は、「Router」です。スイッチの名前は、一般的には、「Switch」という名前になっています。

 ネットワークを構築する上で、複数のルータやスイッチを扱うようになります。そうすると、同じ名前のルータやスイッチがあると紛らわしくなってきます。

特にTelnetで接続する場合においては、今、自分がどのルータにいるのが分からなくなり、迷子になってしまうことがあります。

◆「hostname」コマンド

ルータの名前には、63文字以内で英数字、ハイフンなどの組み合わせで自由に名前を付けることができます。

Router(config)#hostname <ホスト名>

Router(config)#hostname Tokyo
Tokyo(config)#

「hostname」コマンドを実行するとすぐに反映され、プロンプトの表示が変わります。


◆「ip host」コマンド

 PingやTracerouteなどのネットワーク検証コマンドを実行する際に、宛先IPアドレスではなく、ホスト名で指定をしたい場合には、「ip host」を使います。

コマンドの構文は、以下のようになります。

Rotuer(config)#ip host <ホスト名> <宛先IPアドレス>

例えば、

Rotuer(config)#ip host Tokyo 192.168.1.1

と定義しておけば、

Router#ping Tokyo



Router#ping 192.168.1.1

と同じ意味で解釈されるようになります。


ルータのように複数のIPアドレスを持つ端末の場合、宛先IPアドレスを複数登録することができます。

Rotuer(config)#ip host Tokyo 192.168.1.1 192.168.2.1 192.168.3.1
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.