Ciscoルータで学ぶネットワーク > CDP(Cisco Discovery Protocol)
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆CDP(Cisco Discovery Protocol)

CIDRとは


CDPは、シスコ社独自のプロトコルで、シスコデバイスでのみ使用することができます。

 CDPは、「Cisco Discovery Protocol」の名の通り、隣接するシスコデバイス情報を知ることができます。シスコ独自のプロトコルなので、他ベンダーのデバイス情報は交換することができません。そのため、隣接機器が他ベンダーのデバイスである場合は、隣接機器の情報を知ることができません。

CDPは、Cisco隣接機器と60秒間隔で、情報交換しています。


◆「show cdp」コマンド

CDPの送信間隔やホールドタイムを確認するには、「show cdp」コマンドを使います。

ホールドタイム値は、180秒あり、カウントダウンされています。CDPを受信すると、再び、180秒にリセットされます。

Router#show cdp

●「show cdp」の出力
Router_A#show cdp
Global CDP information:
        Sending CDP packets every 60 seconds
        Sending a holdtime value of 180 seconds

◆「show cdp interface」コマンド

 「show cdp interface」コマンドでも確認できます。このコマンドは、CDPが動作しているデバイス自分のインタフェースの情報を表示します。「show cdp」コマンドと同様、CDPの送信間隔やホールドタイムを表示しますが、各インタフェースごとに表示するところが異なります。

Router#show cdp interface

●「show cdp interface」の出力
Router_A#show cdp interface
Ethernet0 is up, line protocol is up
  Encapsulation ARPA
  Sending CDP packets every 60 seconds
  Holdtime is 180 seconds
Serial0 is up, line protocol is up
  Encapsulation HDLC
  Sending CDP packets every 60 seconds
  Holdtime is 180 seconds
Serial1 is administratively down, line protocol is down
  Encapsulation HDLC
  Sending CDP packets every 60 seconds
  Holdtime is 180 seconds
TokenRing0 is administratively down, line protocol is down
  Encapsulation SNAP
  Sending CDP packets every 60 seconds
  Holdtime is 180 seconds

◆CDPで隣接情報を表示する

 それでは、下のようなネットワーク構成の場合にCDPがどんな情報を教えてくれるのか検証してみます。CDPは、レイヤ2までの通信が、正常に行われていれば、動作します。


●隣接情報の要約を表示する

コマンドを入力する機器を、Router_Aにします。

隣接機器の情報を表示するには、「show cdp neighbors」コマンドを使います。

Router#show cdp neighbors

●「show cdp neighbors」コマンドの出力
Router_A#show cdp neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge
                  S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater

Device ID        Local Intrfce     Holdtme    Capability  Platform  Port ID
Switch_A            Eth 0          179          T S       WS-C2950-2Fas 0/1
Router_B            Ser 0          123           R        2500      Ser 0

上の出力を見てもらえば分かる通り、Router_Aの隣接機器であるSwitch_AとRouter_Bの情報が表示されます。

パラメータ 意味
Device ID 隣接デバイスの名前
Local Intrfce 隣接デバイスに接続している自分のデバイス
Holdtme ホールドダウンタイム
Capability 隣接デバイスのコード(凡例に書いてある)
Platform 隣接デバイスのプラットフォーム
Port ID 自分と接続している隣接デバイスのインタフェース

●隣接機器の詳細情報を表示する

 「show cdp neighbors」コマンドでは、要約情報が表示されました。これには、IPアドレスなどの3層のアドレス情報がありません。3層のアドレスの確認を行いたい場合は、詳細情報を表示する「show cdp neighbors detail」コマンドを使います。

Router#show cdp neighbors detail

●「show cdp neighbors detail」コマンドの出力(Router_A)
Router_A#show cdp neighbors detail
-------------------------
Device ID: Switch_A
Entry address(es):
  IP address: 192.168.2.2
Platform: cisco WS-C2950-24,  Capabilities: Trans-Bridge Switch
Interface: Ethernet0,  Port ID (outgoing port): FastEthernet0/1
Holdtime : 158 sec

Version :
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2950 Software (C2950-C3H2S-M), Version 12.0(5)WC2, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 23-Oct-01 12:26 by devgoyal

-------------------------
Device ID: Router_B
Entry address(es):
  IP address: 192.168.1.2
Platform: cisco 2500,  Capabilities: Router
Interface: Serial0,  Port ID (outgoing port): Serial0
Holdtime : 162 sec

Version :
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 3000 Software (IGS-I-L), Version 11.1(18), RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-1998 by cisco Systems, Inc.
Compiled Mon 16-Mar-98 17:34 by richv

このコマンドを、Switch_Aで実行してみます。

スイッチで実行すると、VTPドメイン名などの確認も行えます。

 VTPとは、スイッチネットワーク全体でVLAN情報の同期をとるプロトコルで、同じVTPドメイン内の全てのスイッチでVLAN情報を共有できます。VTPプロトコルについては、「レイヤ2スイッチング」で説明します。

●「show cdp neighbors detail」コマンドの出力(Switch_A)
Switch_A#show cdp neighbors detail
-------------------------
Device ID: Switch_B
Entry address(es):
  IP address: 192.168.2.3
Platform: cisco WS-C2950-24,  Capabilities: Trans-Bridge Switch
Interface: FastEthernet0/2,  Port ID (outgoing port): FastEthernet0/1
Holdtime : 165 sec

Version :
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2950 Software (C2950-C3H2S-M), Version 12.0(5)WC2, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 23-Oct-01 12:26 by devgoyal

advertisement version: 2
Protocol Hello:  OUI=0x00000C, Protocol ID=0x0112; payload len=27, value=00000000FFFFFFFF
010121FF0000000000000008214F7580FF0001
VTP Management Domain: 'ccna'
Native VLAN: 1
Duplex: full

-------------------------
Device ID: Router_A
Entry address(es):
  IP address: 192.168.2.1
Platform: cisco 2500,  Capabilities: Router
Interface: FastEthernet0/1,  Port ID (outgoing port): Ethernet0
Holdtime : 128 sec

Version :
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 3000 Software (IGS-INR-L), Version 11.1(10), RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-1997 by cisco Systems, Inc.
Compiled Mon 10-Mar-97 16:42 by dschwart

advertisement version: 1

◆「show cdp entry *」コマンド

「show cdp neighbors detail」コマンドの変わりに「show cdp entry *」を使用しても同様の結果が得られます。

Router#show cdp entry *


CDPの設定


 CDPは、Cisco IOS Release 10.3からサポートされ、デフォルトで有効になっています。基本的に、何も設定しなくてもシスコデバイス間でCDP情報を交換しています。

CDPは、ルータ全体で起動させたり、インタフェースごとに起動させることも可能です。

 隣接機器が、他ベンター製の場合、CDP情報の交換が無駄になります。そこで、他ベンダー製のデバイスに接続するインタフェースでCDPに無効にすれば、CDP情報を交換する無駄な作業を停止させ、帯域幅の節約になります。


◆CDPをデバイス全体で有効にする

CDPをデバイス全体で有効にするには、グローバル設定モードでコマンドを入力します。

Roouter(config)#cdp run

◆CDPをデバイス全体で無効にする

Roouter(config)#no cdp run

◆インタフェース上でCDPを有効にする

CDPをインタフェースごとに有効にするには、インタフェース設定モードでコマンドを入力します。

Roouter(config-if)#cdp enable

◆インタフェース上でCDPを有効にする

Roouter(config-if)#no cdp enable

 デバイス全体で、CDPを完全に停止するには、グローバル設定モードで、「no cdp run」コマンドを入力します。全てのインターフェースで、「no cdp enable」する必要はありません。

CDPは、トラブルシューティングにおいては便利ですが、必要がなくなれば、止めておく必要があります。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.