Ciscoルータで学ぶネットワーク > ログアウト時間の変更(no exec-timeout)
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆ログアウト時間の変更(no exec-timeout)

ログアウト時間の変更(no exec-timeout)


下の図を見て下さい。

より大規模なネットワークの演習を行うとなると、それなりに時間がかかります。

 例えば、下のネットワークを構築するには、Router_A〜Router_Eの5台のルータの設定が必要です。Ciscoルータは、コンソールで何もしていないと、デフォルトで10分で自動的にタイムアウトしてログアウトされてしまいます。

つまり、何台目かのルータの設定を行っている間に、設定済みのルータがタイムアウトしてログアウトされてしまうのです。


一度の設定で全て間違いなくルータの設定ができれば、ログアウトされてしまうことに、気にならないかもしれませんが・・・

「あっ!あそこの設定、間違えてしまったぞ!」

と気づいて、設定済みのルータの設定をしようと思うとコンソール画面を見るとタイムアウト!

ログイン作業が結構、煩わしくなってきます。


そこで、便利なコマンドが、「no exec-timeout」コマンドです。

Router(config-line)#no exec-timeout

タイムアウトしてコンソール接続が自動的にログアウトされなくなります。

Router(config)#line console 0
Router(config-line)#no exec-timeout

ちなみに

Router(config-line)#exec-timeout 0 0

と入力しても同様の結果が得られます。

◆exec-timeoutコマンド

コンソール接続から自動的にログアウトされる期間を「exec-timeou」コマンドで指定することができます。

Router(config-line)#exec-timeout {分} {秒}

 「no exec-timeout」コマンドを設定すると自動的にコンソール接続からログアウトされなくなります。実際の運用時に関しては、セキュリティー上の問題になりますので、このコマンドの使用は、あくまで演習時にとどめておきましょう!
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.