Ciscoルータで学ぶネットワーク > IOS 15 ライセンス概要@
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆IOS 15 ライセンス概要@

IOS 15 ライセンス概要@


 Cisco IOS は、バージョン15からIOSのライセンス管理が、変わりました。そのため、IOSのバージョンによって、以下のように区別されています。

●第1世代:IOS バージョン12.4まで
●第2世代:IOS バージョン15から


 第1世代のIOSの管理は、ライセンスの管理は、自主管理に委ねられており、使いたい機能がどのIOSに含まれているのかを調べて購入する必要があります。

 音声が使いたければ音声に対応したIOSを、セキュリティの機能を使いたければ、セキュリティに対応したIOSを、全ての機能を使いたければエンタープライズIOSを、といった具合に用途に応じて、購入する必要があります。

 後から追加で使いたい機能が出てきた場合、IOSの買い替えが必要で、IOSライセンスの管理は、煩雑になりやすく、負担の大きいものでした。

 そこで、新しい管理方法が提供されるようになりました。第2世代のIOSでは、初めから全ての機能がIOSの中に入っています。ただし、バージンが15でも、第2世代に対応していない古い機種用のIOSもあり、例外もあります。


第1世代:バージョン12.4まで


第1世代:バージョン12.4までは、大きく分けて下記のように表記されています。

●12.4(25)
●12.4(24)T8


◆Tトレイン

最新機能を使いたい顧客向けのIOSで、バージョン表記にTの文字が入る。

◆メイントレイン

最新機能は不要で安定版のIOSを利用したい顧客向けで、バージョン表記にTの文字が入らない。


第2世代:IOS バージョン15から


第2世代:IOS バージョン15からは、数のような表記となります。


メジャーリース番号が15、マイナーリース番号が1、新機能リース番号が4です。機能が追加されるとカウントアップされます。

次は「M」もしくは「T」と続きます。

 「M」は長期メンテナンス版であることを示しサポートが44ヵ月間提供され、「T」の場合は標準メンテナンス版であることを示し、サポート期間が18ヵ月となります。

最後のメンテナンス リビルド番号は、機能は追加せずにバグ修正などを行った際に、リビルドされた場合にカウントアップされます。

IOS 15 ライセンス概要@  @A

◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.