Ciscoルータで学ぶネットワーク > コンフィグレーションレジスタを変更する
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆コンフィグレーションレジスタを変更する

コンフィグレーションレジスタを変更する


 コンフィグレーションレジスタは、NVRAMに保存されるルータの起動に関わる大事な値です。この値は、主にトラブルシューティングを行う時に変更します。

◆「config-register」コマンド

変更する際は、グローバルコンフィグレーションモードで以下のコマンドを入力することで変更します。

Rotuer(config)#config-register <値>

値に設定するコンフィグレーションレジスタの値は、16進数で表現し、値の先頭に「0x」を付けます。

◆ROMモニタで起動する

例えば、ROMモニタで起動するように、コンフィグレーションレジスタの値を0x2100に変更してみます。

Rotuer(config)#config-register 0x2100

 コンフィグレーションレジスタの値は、「copy running-config startup-config」コマンドを実行しなくても、保存されるので、入力の際は、注意して下さい。

 コマンドを実行して、「show version」して確認するとコンフィグレーションレジスタの値が変更されているのが、分かります。

●実行のログ
Router#show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2600 Software (C2600-I-M), Version 12.0(14), RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2000 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 31-Oct-00 21:51 by linda
Image text-base: 0x80008088, data-base: 0x80604088

ROM: System Bootstrap, Version 11.3(2)XA4, RELEASE SOFTWARE (fc1)

Router uptime is 19 minutes
System restarted by power-on
System image file is "flash:c2600-i-mz.120-14"

cisco 2611 (MPC860) processor (revision 0x202) with 26624K/6144K bytes of memory.
Processor board ID JAD04010K5T (2098511567)
M860 processor: part number 0, mask 49
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
2 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
32K bytes of non-volatile configuration memory.
8192K bytes of processor board System flash (Read/Write)

Configuration register is 0x2102 (will be 0x2100 at next reload)

上の水色で網掛けしているところに注目して下さい。

再起動後に、有効になるコンフィグレーションレジスタが表示されています。


ROMモニタ上のコマンド


ROMモニタモードでコンフィグレーションレジスタの値を変更するには、以下のコマンドを使います。

Cisco1600,1700,2600 Cisco2500
rommon 1>confreg 0x2142 <Enter>
rommon 2>i <Enter>
rommon 1>o/r 0x2142 <Enter>
rommon 2>i <Enter>

ルータの機種によってコマンドが違うので注意して下さい。

ちなみに、再起動は、「 i 」コマンドで行います。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.