Ciscoルータで学ぶネットワーク > boot systemコマンド
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆boot systemコマンド

boot systemコマンド


 コンフィグレーションレジスタの最後の4ビットが、「0010〜1111」の場合、つまり、ブートフィールドの値が「0〜F」の時、以下の図のような流れで起動します。

 「boot system」コマンドで指示がある場合、その指示に従い、Flash内のIOSもしくは、TFTPサーバ上に置かれたIOSで起動します。Ciscoルータのブートプロセスは、慣れるまで理解しにくいかもしれません。分かり易くするため、下に流れ図を載せています。


◆Flash上のIOSで起動する

Flash上のIOSで起動したい場合は、次のコマンドで指定します。

Router(config)#boot system flash <ファイル名>

 通常は、Flashに保存されている1つ目のIOSで起動するので、必要ありませんが、Flashに複数のIOSを格納している場合、2つ目以降のIOSで起動したい場合に指定します。

◆TFTPサーバ上のIOSで起動する

TFTPサーバ上のIOSで起動したい場合は、次のコマンドで指定します。

Router(config)#boot system <ファイル名> <TFTPサーバのIPアドレス>

TFTPサーバについては、最後の方で紹介しています。を参考にして下さい。

 TFTPサーバとIPレベルの通信を行うことになりますので、ルータのイーサネットのインタフェースにIPアドレスを振るのを忘れないようにしておきましょう!


●実行ログ
Router#reload
Proceed with reload? [confirm]

00:09:29: %SYS-5-RELOAD: Reload requested
System Bootstrap, Version 11.3(2)XA4, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1999 by cisco Systems, Inc.
TAC:Home:SW:IOS:Specials for info
C2600 platform with 32768 Kbytes of main memory

program load complete, entry point: 0x80008000, size: 0x345698
Self decompressing the image : ########################################################
#######################################################################################
#######################################################################################
#################################################################### [OK]

Loading c2600-i-mz.120-14 from 192.168.1.1 (via Ethernet0/0): !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[OK - 3430324/6859776 bytes]
program load complete, entry point: 0x80008000, size: 0x345698
Self decompressing the image : ########################################################
#######################################################################################
#######################################################################################
#################################################################### [OK]

              Restricted Rights Legend

Use, duplication, or disclosure by the Government is
subject to restrictions as set forth in subparagraph
(c) of the Commercial Computer Software - Restricted
Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
(c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.

           cisco Systems, Inc.
           170 West Tasman Drive
           San Jose, California 95134-1706

Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2600 Software (C2600-I-M), Version 12.0(14), RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2000 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 31-Oct-00 21:51 by linda
Image text-base: 0x80008088, data-base: 0x80604088

cisco 2611 (MPC860) processor (revision 0x202) with 26624K/6144K bytes of memory.
Processor board ID JAD04010K5T (2098511567)
M860 processor: part number 0, mask 49
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
2 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
32K bytes of non-volatile configuration memory.
8192K bytes of processor board System flash (Read/Write)

Press RETURN to get started!

「boot system」コマンドを複数指定した場合には、入力した順番に従います。


TFTPサーバ


 TFTPサーバのソフトウェアは、たくさんフリーで存在します。コマンドベースのもの、GUIベースのものと検索をかければたくさん見つかります。OSの種類や32bitOS、64bitOSで動作しないものもありますが、自分のPCで動作するTFTPサーバソフトウェアを見つけるのに苦労はしないはずです。

 TFTPサーバはとても軽くて軽快です。下の図は、「Poor TFTP Server 32」というソフトウェアですが、ダブルクリック一つで動作します。設定は、フォルダの指定ぐらいで、面倒な設定は、一切ありません。

 

起動すると、下のように表示されます。

 ここで、「Authorized Directory」の指定でアップロード、ダウンロードする際のファイルの保存先/接続先を指定します。赤枠のところでパスを指定します。TFTPサーバ機能を利用するには、このソフトを起動したままにしておいて下さい。

 

この時、PC側のファイアウォールの設定は、外すなり、TFTPサービスに接続できるように設定しておく必要があります。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.