Ciscoルータで学ぶネットワーク > ルータの起動プロセスとコンフィグレーションレジスタ
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆ルータの起動プロセスとコンフィグレーションレジスタ

ルータの通常の起動プロセス


 Ciscoルータの起動の仕組みを理解しておけば、ルータの起動障害時に役に立ちます。滅多には、起こりませんが、IOSが壊れてしまうこともあります。

 IOSを復旧する時やパスワードをリカバリーする時に、復旧するには、起動プロセスをどこで変更すればいいのかが理解できまし、ルータのトラブル時にどこで問題が発生しているのか、原因を追究するのに役立ちます。

ルータを設定しているとついつい誤ってIOSを消してしまうケースもあります。

それでは、下の図を見ながらルータの通常の起動プロセスを確認して行きましょう!


 ルータの電源を入れると、通常はルータのコンフィグレーションレジスタの値を0x2102で運用していると思われるので、以下のプロセスで起動することになります。

@POST
   ↓
ABootstrap
   ↓
Bコンフィグレーションレジスタの値の読み込み
   ↓
CIOSの読み込み
   ↓
Drunning-configの読み込み



起動プロセスの説明


それでは、各プロセスで何が、行われるのか、もう少し具体的に紹介してゆきます。

@POST

 ルータの電源を入れるとPOSTが実行され、ハードウェアのチェックが行われます。異常がある場合は、ここで動作が中断されます。

ABootstrap

 BootstrapがROMからRAMに呼び出されて実行されます。Bootstrapは、IOSの検索や読み込みに必要なプログラムです。

Bコンフィグレーションレジスタの値の読み込み

コンフィグレーションレジスタの値を読み込み、ブートフィールドからIOSの読み込み先を判断する。

CIOSの読み込み

通常、ルータのコンフィグレーションレジスタには、0x2102が設定されているので、FlashからIOSを読み込み、RAMに展開する。

Drunning-configの読み込み

 IOSが起動すると、NVRAMに保存されている「startup-config」をRAMに展開します。展開して内容は、「running-config」に反映されます。「startup-config」がない場合は、Setupモードに移行します。

また、ルータの起動には、コンフィグレーションレジスタの値が、大きく関わってきます。


コンフィグレーションレジスタ


 コンフィグレーションレジスタは、NVRAMに保存されるルータの起動に関わる大事な値です。値は、16進数で表現し、値の先頭に「0x」を付けます。

通常、この値は、0x2102を使用します。パスワードリカバリーを行う際には、「0x2142」に変更してリカバリーを行います。

ルータに通常設定する「0x2102」を2進数に直すと、下の図のようになります。

●ビット番号とブロック
16進数 2 1 0 2
2進数 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0
ビット番号 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0
ブロック 第1ブロック 第2ブロック 第3ブロック 第4ブロック

13ビット目: 1 ・・・ ネットワークブートに失敗したら、ROMのMini OSで起動する。
8ビット目: 1 ・・・ ルータの稼働中にBreakキーが使用できないようにする。
1ビット目: 1 ・・・ Flash内のIOSで起動する。

になっています。

第4ブロックのことを、ブートフィールドと呼んでいます。ルータのIOSの読み込みに関する重要な部分です。

●ビット番号と役目
ビット番号 役目
15 診断メッセージを表示する。NVRAMに保存している情報を使用しない。
14 指定したIPサブネットにブロードキャストを送信する。
13 ネットワークブートに失敗したら、ROMのMini OSで起動する。
12 コンソール接続の際のスピードに使用。
11 コンソール接続の際のスピードに使用。
10 0.0.0.0を使ってブロードキャストを送信する。
9 未使用
8 ルータの稼働中にBreakキーが使用できないようにする。
7 OEM用。Cisco Systems社のバナーを表示しない。
6 NVRAMに保存している情報を使用しない。
5 コンソール接続の際のスピードに使用。
4 未使用
3〜0 ブートフィールド。

●ブートフィールドの動作
動作
2〜F Flash内のIOSをロードして起動する。
1 ROM内のMini OSを使用して起動する。ただし、Mini OSを持っていない機種では、Flash内にある最初のIOSイメージで起動する。
0 ROMモニタで起動する。

 コンフィグレーションレジスタの値は、ルータの起動や制御に関して重要な意味を持つ値です。値を変更する際には、十分確認をした上で、変更するようにして下さい。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.