Ciscoルータで学ぶネットワーク > 起動プロセスの詳細A
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆起動プロセスの詳細A

RxBoot(0x2101)


 コンフィグレーションレジスタの最後の4ビットが、「0001」の場合、つまり、ブートフィールドの値が「1」の時、以下の図のような流れで起動します。

ここでは、ブートフィールドの値が「1」の場合の流れを説明して行きます。

Ciscoルータのブートプロセスは、慣れるまで理解し難いかもしれません。分かり易くするため、下に流れ図を載せています。


 RxBootで起動できるルータは、Cisco2500シリーズなどの古い機種です。最近のCiscoルータは、RxBootを持たないタイプが増えてきています。その場合は、フラッシュ内にある最初のイメージをロードします。

RxBootモードのプロンプトは、下のように表示されます。

●Rxbootモードのプロンプト
Router(boot)>

 RxBootモードも基本的には、トラブルシューティング用に用意されているものです。RxBootモードでは、IOSの機能縮小版の、ROM内にあるMini IOSで起動するので、使用できるコマンドに制限があります。

 起動するには、コンフィグレーションレジスタの値を変更して、再起動します。基本的に、RxBootモードは、トラブル時に使うモードなので、使う機会は、きわめて少ないと思います。

●ROMモニタモード
Router>enable
Router#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Router(config)#config
Router(config)#config-register 0x2101
Router(config)#^Z
Router#reload

%SYS-5-RELOAD: Reload requested
System Bootstrap, Version 5.2(8a), RELEASE SOFTWARE
Copyright (c) 1986-1995 by cisco Systems
2500 processor with 2048 Kbytes of main memory

              Restricted Rights Legend

Use, duplication, or disclosure by the Government is
subject to restrictions as set forth in subparagraph
(c) of the Commercial Computer Software - Restricted
Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
(c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.

           cisco Systems, Inc.
           170 West Tasman Drive
           San Jose, California 95134-1706

Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 3000 Bootstrap Software (IGS-RXBOOT), Version 10.2(8a), RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-1995 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 24-Oct-95 15:46 by mkamson
Image text-base: 0x01020000, data-base: 0x00001000

cisco 2500 (68030) processor (revision M) with 2044K/2048K bytes of memory.
Processor board serial number 05558275 with hardware revision 00000000
X.25 software, Version 2.0, NET2, BFE and GOSIP compliant.
1 Ethernet/IEEE 802.3 interface.
1 Token Ring/IEEE 802.5 interface.
2 Serial network interfaces.
32K bytes of non-volatile configuration memory.
8192K bytes of processor board System flash (Read/Write)

Press RETURN to get started!

Router(boot)>

 このRxBootモードで入力できるコマンドを紹介します。Cisco2500ルータで、ユーザモード、特権モードで入力できるコマンドを下に示します。

●ユーザモード
Router(boot)>?
Exec commands:
  connect          Open a terminal connection
  disconnect       Disconnect an existing network connection
  enable           Turn on privileged commands
  exit             Exit from the EXEC
  help             Description of the interactive help system
  login            Log in as a particular user
  logout           Exit from the EXEC
  name-connection  Name an existing network connection
  pad              Open a X.29 PAD connection
  ping             Send echo messages
  resume           Resume an active network connection
  show             Show running system information
  systat           Display information about terminal lines
  telnet           Open a telnet connection
  terminal         Set terminal line parameters
  traceroute       Trace route to destination
  where            List active connections
  x3               Set X.3 parameters on PAD

●特権モード
Router(boot)#?
Exec commands:
  clear            Reset functions
  clock            Manage the system clock
  configure        Enter configuration mode
  connect          Open a terminal connection
  copy             Copy a config file to or from a tftp server
  debug            Debugging functions (see also 'undebug')
  disable          Turn off privileged commands
  disconnect       Disconnect an existing network connection
  enable           Turn on privileged commands
  erase            Erase Flash memory
  exit             Exit from the EXEC
  help             Description of the interactive help system
  login            Log in as a particular user
  logout           Exit from the EXEC
  name-connection  Name an existing network connection
  no               Disable debugging functions
  pad              Open a X.29 PAD connection
  ping             Send echo messages
  reload           Halt and perform a cold restart
  resume           Resume an active network connection
  rsh              Execute a remote command
  setup            Run the SETUP command facility
  show             Show running system information
  start-chat       Start a chat-script on a line
  systat           Display information about terminal lines
  telnet           Open a telnet connection
  terminal         Set terminal line parameters
  test             Test subsystems, memory, and interfaces
  traceroute       Trace route to destination
  undebug          Disable debugging functions (see also 'debug')
  verify           Verify checksum of a Flash file
  where            List active connections
  write            Write running configuration to memory, network, or terminal
  x3               Set X.3 parameters on PAD

IOSを通常起動したときと比べて、はるかに入力できるコマンドが少ないことが分かります。


IOS起動(0x2102〜0x210F)


 コンフィグレーションレジスタの最後の4ビットが「0010〜1111」の場合、つまり、ブートフィールドの値が「2〜F」の時、以下の図のような流れで起動します。

ここでは、ブートフィールドの値が「2〜F」の場合の流れを説明して行きます。分かり易くするため、下に流れ図を載せています。


◆「boot system」コマンドなしの場合

 「boot system」コマンドの指示が特にない場合、Flash内のIOSで起動して、「startup-config」を読み込みに行きます。

 起動に問題がなければ、ユーザモードになります。その際、プロンプトには、「hostname」コマンドで指定した名前と「>」が表示されます。

●ユーザモード
Router>

IOSの読み込みに失敗すると、Rxboot、ROMモニタでブートを試みるようになっています。

◆「boot system」コマンドがある場合

「boot system」コマンドで指示がある場合、その指示に従い、Flash内のIOSもしくは、TFTPサーバ上に置かれたIOSで起動します。


 起動に問題がなければ、ユーザモードになります。その際、プロンプトには、「hostname」コマンドで指定した名前と「>」が表示されます。

●ユーザモード
Router>

IOSの読み込みに失敗すると、Rxboot、ROMモニタでブートを試みるようになっています。

起動プロセスの詳細A  @A

◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.