Ciscoルータで学ぶネットワーク > URLフィルタリング・P2Pフィルタリング
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆URLフィルタリング・P2Pフィルタリング

URLフィルタリング


 従来のパケットフィルタ型のファイアウォールでは、コネクションを制御することはできても、参照できるWebサイト制限することはできません。つまり、Webのコネクションを許可してしまえば、どんなWebサイトも閲覧できてしまうわけです。参照するサイトを制限するには、利用者を教育指導する必要がありますが、それには限界があります。


 また、有害Webサイトの増加、掲示板サイトなどへの書き込みによる情報漏洩、業務に無関係なWebサイトへのアクセスによる業務効率の低下など、そうした背景から、組織では、Webサイトへのアクセスを制限する「URLフィルタ」機能を持つ製品の導入が進んでいます。

 URLフィルタの導入形態の典型的な例は、組織内にプロキシサーバを設置して、そのプロキシサーバを経由して、Webサイトへアクセスさせる形態です。

 この形態では、プロキシサーバとなるサーバにSquidなどのアプリケーションをインストールして「URLフィルタ」を定義する必要があり、手軽に導入できるのかというと少し難があります。

 手軽に「URLフィルタ」機能を導入したいというニーズの高まりから、ルータにその機能を実装する製品が増えてきています。安価なルータには、まだ実装されている機種は少ないのですが、中小規模で利用する手頃な価格帯のルータには実装されている製品も多く、「URLフィルタ」機能は、身近なものとなってきています。

 「URLフィルタ」では、アクセスさせたくないWebサイトのURLなどを定義してゆくことになるが、Webサイトは、常に生まれては消えを繰り返すため絶えず、定義を更新する必要があります。

 そのため、多くの製品では、インターネット経由でベンダから自動的に最新データベースをダウンロードして更新できる機能を持っています。

 古いルータでは、URLフィルタ機能を利用できない製品が多いのですが、ファームウェアをアップデートすることで機能がサポートされる機種があるので、詳しくは、各ベンダーのホームページ上で確認する必要があります。

例えば、YAMAHAルータでは、以下のWebフィルタリングに対応しています。

●外部データベース参照型URLフィルター
●内部データベース参照型URLフィルター


 「外部データベース参照型URLフィルター」は、インターネット経由でベンダから自動的に最新データベースをダウンロードして更新できますが有料です。

 「内部データベース参照型URLフィルター」は、管理者自身がURLの全部または一部をキーワードとしてルーターに登録してメンテナンスを行います。こちらは無料です。

 どちらを使用してURLフィルタを行うのかは、どの精度でURLフィルタを行いたいのかで使い分けます。精度の高いURLフィルタを実現したいのであれば、「外部データベース参照型URLフィルター」を採用することとなります。こちらは、URL文字列だけでなくページの内容も判定することができます。

 ここでは、YAHAMAルータのフィルタリング機能について紹介しましたが、他ベンダのルータでも、同様なURLフィルタ機能を持っています。


P2Pフィルタリング


 P2Pネットワークには、有害なコンテンツが溢れています。ウィルス感染による情報漏洩など脅威もあります。また、通信の帯域やルータの資源を圧迫し、業務効率を低下させる恐れがあります。


そもそも、P2Pによる通信は、業務とは無関係であるため、P2Pのアクセスを制限している組織も増えています。

 そういった背景もあり、P2P通信をフィルタリングすることができるルータも登場してきています。P2P通信をフィルタリングに対応しているといっても、P2Pソフトウェアは非常に多くあり、それら全てをフィルタリングすることは、できません。しかし、利用ユーザの多いP2Pをフィルタリングするだけでも効果が見込めます。

 例えば、YAHAMAルータでは、機種とファームウェアのバージョンによっては、P2PソフトのWinny、Shareに対応しています。

Wiiny・・・RTX1200,RTX1100,RTX3000など
Share・・・RTX1200など

 フィルタリングの設定は、コマンドベースで難しいのでは?と思われるかもしれませんが、多くの製品では、WebインタフェースのGUIで設定できるようになっており、非常に簡単に設定できるようになっています。

GUIでの設定は、目的のP2Pソフトウェアの項目にチェックを入れるだけの手軽さです。

ルータが対応していないP2Pソフトウェアについては、NATのセッション制限機能や帯域制限で対応していくことになります。

 この方法は、P2P通信を遮断するというものではなく、通信で利用される帯域やコネクションの下図を制限して、他のユーザと共有する回線を独占されないようにするためのものです。また、この制限を設定することによって、ルータの負荷を軽減することができます。

ファイアウォールG  @ABCDEFG

◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.