Ciscoルータで学ぶネットワーク > 可変長サブネットマスク(VLSM)@
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆可変長サブネットマスク(VLSM)@

固定長サブネット分割の限界


 ネットワークを分割するサブネット化は、大規模なネットワークでは柔軟性に欠けます。単純なサブネット分割では、分割したサブネットは、全て均等なサイズとなるため、必要以上のIPアドレスを割り当ててしまうことになってしまいます。

 例えば、下図のネットワークで、「192.168.1.0/24」ネットワークをサブネット分割して、サブネットを割り当てる場合を考えてみます。


必要なサブネットの数は、6つです。

 28ホストのネットワーク ・・・ 1つ
 10ホストのネットワーク ・・・ 1つ
 24ホストのネットワーク ・・・ 1つ
 ルータ間          ・・・ 3つ

 一番ホストの数が多いサブネットは、ホストが28台あるサブネットです。ルータのインタフェースのIPアドレスを合わせると29個のIPアドレスが必要となります。

そのため、ホスト部に5ビット以上必要となります。

つまり、必要なサブネット数を満たし、かつ、必要なホスト数を確保するには、「/27」で分割する必要があります。


 しかし、単純なサブネット分割では、全て均等に同じサイズのサブネットしか作成できないため、無駄なIPを割り当ててしまうこととなります。

例えは、ルータ間はルータのインタフェースに割り当てる2つのIPアドレスしか必要ありません。

 サブネット当たりのホスト数は、25-2=30個のIPアドレスがありますから、28個のIPアドレスを無駄にしてしまいます。これが、固定長サブネット分割の限界です。

VLSM(可変長サブネットマスク)を使用すれば、アドレススペースの効率良く使用することができます。


可変長サブネットマスク(VLSM)とは


 VLSMとは、簡単に説明するとサブネットのサブネット化です。サブネット分割したものをさらに分割します。VLSMでは、階層型にアドレスを割り当てることができるため、サブネットを集約して扱うことができます。

 サブネットを集約できるということは、ルータにとって、ルーティングテーブルのサイズを縮小することができるため、ルーティング検索にかかるCPUやメモリへの負荷を少なくすることができます。

 また、複数のサブネットマスク長の使用が可能なため、効率的にアドレススペースを活用することができます。例えば、上の「固定長サブネット分割の限界」で説明したように、下図のネットワーク構成では、ルータ間のIPアドレスが、28も無駄になってしまいます。


そこで、VLSMでIPアドレスの割り当てを行うと、例えば、以下のように割り当てを行うことができます。


 「192.168.1.0/24」を8つに分割した最後のサブネット「192.168.1.224/27」をさらに8つにサブネットに分割したサブネットをルータ間に割り当てています。


将来、拡張用としてLANに4つのサブネット、将来、拡張用としてWAN接続(ルータ間)に5つサブネットを残しておくことができます。


ここで、分割した例は、ほんの一例で、IPアドレスの範囲が重ならなければ、どのサブネットを分割してもかまいません。

また、それぞれ異なるプレフィックスも用いることもできます。

 28ホストのネットワーク ・・・ 「/27」
 14ホストのネットワーク ・・・ 「/27」
 ※ルータのインタフェースを加えると15個のIPアドレスが必要
 10ホストのネットワーク ・・・ 「/28」
 ルータ間          ・・・ 「/30」

可変長サブネットマスク(VLSM)@  @ABC

◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.