Ciscoルータで学ぶネットワーク > DHCPの仕組み詳細E
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆DHCPの仕組み詳細E

DHCPリレーにおけるパケットフロー


 ここでは、DHCPリレーが行われる際の、DHCPクライアントとDHCPサーバ間のやり取りにおけるパケットのフロー流れを図を使って、説明します。

DHCPリレーにおけるDHCPクライアントとサーバ間のやり取りは、下図のように行われます。



クライアントからDHCPサーバへはUDPの67番が、DHCPサーバからクライアントへは68番が利用されます。


DHCPDISCOVERのパケットフロー




DHCPOFFERのパケットフロー




DHCPREQUESTのパケットフロー




DHCPACKのパケットフロー




DHCP(セグメントの識別)


 ルータのDHCPリレー機能を使用すれば、ルータを超えた先のDHCPサーバからIPアドレスの払い出しを受けることができます。ここでは、なぜ、自分の所属するネットワークのIPアドレスをDHCPクライアントが受け取ることができるのかを説明して行きます。

 DHCPリレー機能を利用すれば、下図のようなネットワークを構築することができます。DHCPサーバを集約して、1台のDHCPサーバーでIPアドレスの払い出しを管理できるようになります


DHCPサーバには、下記のようにセグメント(ネットワーク)ごとにスコープを設定することになります。

 1F・・・10.1.0.0/16
 2F・・・10.2.0.0/16
 3F・・・10.3.0.0/16
 4F・・・10.4.0.0/16
 5F・・・10.5.0.0/16


 それでは、なぜ、DHCPサーバは、DHCPクライアントが所属するセグメント(ネットワーク)を識別して、セグメントごとに異なる設定情報を割り当てているのでしょうか?


 それは、DHCPメッセージ内の「GIADDR」のIPアドレスによって、どのサブネットのIPアドレスに割り当てるかを識別しIPアドレスを割り当てているからです。「GIADDR」に値が無い場合は、同一セグメントと認識しています。

●DHCPのメッセージフォーマット
情報名 説明
CIADDR クライアントIPアドレス、クライアントがBOUND、 RENEW、REBINDING状態の場合に用いられる。
YIADDR DHCPサーバが割り当てるクライアントのIPアドレス(自分のIPアドレス)
SIADDR DHCPサーバのIPアドレス
GIADDR DHCPリレーエージェントのIPアドレス。DHCPサーバはGIADDRを見てクライアントの所属するサブネットを識別する。
CHADDR クライアントのMACアドレス

 DHCPリレーが設定されたルータは、DHCPパケットをDHCPサーバに転送する前に、パケットのGIADDRフィールドに、そのセグメント用のルータのIPアドレス(DHCPパケットの着信インタフェースのIPアドレス)を格納します。

DHCPクライアントが、IPアドレスを取得する際に、そのIPアドレスがクライアントのためのゲートウェイアドレスとなります。

DHCPの仕組み詳細E  @ABCDE

◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.