Ciscoルータで学ぶネットワーク > SNMP(MIB・ポーリング/トラップ・メッセージ)
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆SNMP(MIB・ポーリング/トラップ・メッセージ)

SNMP(MIB:管理情報ベース)


 SNMPに対応したネットワーク機器は、MIB(Management Information Base)と呼ばれるネットワーク機器についての管理情報を蓄積したデータベースを持っています。

 MIBに格納されている個々の管理情報のことをオブジェクト(Object)と呼び、オブジェクトは管理情報を一意に識別するための固有のOID(Object IDentifier)を持っています。

MIBのオブジェクトは、下図のように階層構造で管理されています。


OIDは、ピリオドで区切られた数字で表現します。

 例えば、機器についての説明文字列を意味するsysDescrは、「.1.3.6.1.2.1.1」、ノードの管理者の情報を意味するsysContactは、「.1.3.6.1.2.1.4」のように表現します。

 エージェントは、マネージャからの要求に対してMIBの情報を通知したり、エージェントからマネージャに機器の状態の変化を通知するTrapで通知を行います。

マネージャは、これらの通知でネットワークの状態を監視できるようになっています。


SNMP(ポーリング/トラップ)


SNMPは、以下の3種類の動作でネットワークの状態を監視できるようになっています。

●マネージャからエージェントへの要求とその応答
●マネージャからエージェントへの管理情報の更新要求とその応答
●エージェントからマネージャへの状態変化を通知


 SNMPは、マネージャがコマンドを発行して、エージェントがそれに応答するポーリングが基本動作になっていますが、監視対象機器に指定しておいたイベントが発生した場合や、しきい値を超えた時にエージェント側から行うTrapという通知を行なうこともできるようになっています。

また、マネージャからエージェントに情報の更新を要求することもできます。


SNMP(メッセージ)


種類の機能を5つのコマンドで実行

 SNMPでは、マネージャとエージェント間で、SNMPメッセージをやり取りすることで、ネットワークを管理しています。このSNMPメッセージには、SNMPのバージョンやコミュニティ名、PDU(Protocol Data Units)が含まれています。

SNMPのバージョンには、v1、v2、v3などがあります。

 コミュニティ名は、マネージャとエージェント間のパスワードのような役割をする文字列のことで、管理したい機器をグループ化するために使用します。コミュニティ名が一致しないと通信できないようになっています。

PDUには、SNMPのコマンドに当たるデータで下表のように5種類あります。

●マネージャからエージェントへのPDU
SNMPメッセージ 説明
GetRequest 1つないし複数のオブジェクトをOIDで指定し、オブジェクトの情報取得を要求する。
GetNextRequest 1つないし複数のオブジェクトをOIDで指定し、階層的に次のオブジェクトの情報取得を要求する。
SetRequest 1つないし複数のオブジェクトをOIDで指定し、オブジェクトの情報変更を要求する。

●エージェントからマネージャへのPDU
SNMPメッセージ 説明
GetResponse マネージャからの要求(GetRequest,GetNextRequest,SetRequest)に対する返答
Trap 指定したイベントを検出した時、エラーが発生した時、しきい値を超えた時に自発的に行う通知

◆マネージャからエージェントへの要求とその応答

●GetRequestによる要求

 マネージャは、GetRequestにより、1つないし複数のオブジェクトをOIDで指定し、オブジェクトの情報取得を要求します。エージェントは、GetResponseで応答します。


●GetNextRequestによる要求

 マネージャは、GetNextRequestにより、1つないし複数のオブジェクトをOIDで指定し、階層的に次のオブジェクトの情報取得を要求します。エージェントは、GetResponseで応答します。


◆マネージャからエージェントへの管理情報の更新要求とその応答

 マネージャは、SetRequestにより、1つないし複数のオブジェクトをOIDで指定し、オブジェクトの情報変更を要求します。エージェントは、GetResponseで応答します。


◆エージェントからマネージャへの状態変化を通知

 エージェントは、指定したイベントを検出した時、エラーが発生した時、しきい値を超えた時に自発的にマネージャに対してTrapで通知を行います。


SNMPA  @A

◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.