Ciscoルータで学ぶネットワーク > オートネゴシエーションの不具合検証
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆オートネゴシエーションの不具合検証

オートネゴシエーションの不具合検証(その1)


100BASE-TXで、モード不一致になるケース(相手側が10Mbpsの全2重)を実機を使って検証した結果を紹介します。

 ここでは、Cisco社製のスイッチを使用しますが、通信速度、通信モードが指定できるスイッチであれば、他社製のスイッチでも検証可能です。

ネットワーク構成図は下図の通りです。


 S_Aスイッチのオートネゴシエーション機能は有効なままとし、S_Bスイッチ側のf0/1ポートを通信速度が10Mbpsで、通信モードを全2重に設定します。

●スイッチS_Aの設定

S_A(config)#int vlan1
S_A(config-if)#ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
S_A(config-if)#no shutdown

●スイッチS_Bの設定

S_B(config)#int vlan1
S_B(config-if)#ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
S_B(config-if)#no shutdown
S_B(config-if)#int f0/1
S_B(config-if)#speed 10
S_B(config-if)#duplex full

◆動作の検証

S_Aのコンソールログを確認します。

●S_Aのコンソールログ
S_A#
01:06:08: %CDP-4-DUPLEX_MISMATCH: duplex mismatch discovered on FastEthernet0/1
 (not full duplex), with S_B FastEthernet0/1 (full duplex).

動作モードで問題が発生していることが、メッセージで表示されています。

S_Aから、S_Bにpingを行います。

S_A#ping 192.168.1.2

●S_Aの「ping」コマンドの出力
S_A#ping 192.168.1.2

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.1.2, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/3/12 ms

動作モードで、問題が発生していますが、通信はできていることが確認できます。しかし、好ましい状況ではありません。

S_Aのf0/1インタフェースの状態を確認します。

S_A#show int f0/1

●S_Aの「ping」コマンドの出力
S_A#show int f0/1
FastEthernet0/1 is up, line protocol is up (connected)
  Hardware is Fast Ethernet, address is 0006.2afb.9f81 (bia 0006.2afb.9f81)
  MTU 1500 bytes, BW 10000 Kbit, DLY 1000 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set
  Keepalive set (10 sec)
  Half-duplex, 10Mb/s, media type is 100BaseTX
  input flow-control is unsupported output flow-control is unsupported
  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
  Last input 00:00:08, output 00:00:00, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
  Queueing strategy: fifo
  Output queue: 0/40 (size/max)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     772 packets input, 124103 bytes, 31 no buffer
     Received 312 broadcasts (0 multicast)
     0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 31 ignored
     0 watchdog, 231 multicast, 0 pause input
     0 input packets with dribble condition detected
     4872 packets output, 350610 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 2 interface resets
     0 babbles, 0 late collision, 1 deferred
     0 lost carrier, 0 no carrier, 0 PAUSE output
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

 上の黄色の網掛けから分かるように、S_Aの通信速度は10Mbpsで、S_Aと一致していますが、動作モードが半2重となっており、一致していないことが確認できます。


オートネゴシエーションの不具合検証(その2)


100BASE-TXで、モード不一致になるケース(相手側が100Mbpsの全2重)を実機を使って検証した結果を紹介します。

 ここでは、Cisco社製のスイッチを使用しますが、通信速度、通信モードが指定できるスイッチであれば、他社製のスイッチでも検証可能です。

ネットワーク構成図は下図の通りです。


 S_Aスイッチのオートネゴシエーション機能は有効なままとし、S_Bスイッチ側のf0/1ポートを通信速度が10Mbpsで、通信モードを全2重に設定します。

●スイッチS_Aの設定

S_A(config)#int vlan1
S_A(config-if)#ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
S_A(config-if)#no shutdown

●スイッチS_Bの設定

S_B(config)#int vlan1
S_B(config-if)#ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
S_B(config-if)#no shutdown
S_B(config-if)#int f0/1
S_B(config-if)#speed 100
S_B(config-if)#duplex full


◆動作の検証

S_Aのコンソールログを確認します。

●S_Aのコンソールログ
S_A#
01:32:08: %CDP-4-DUPLEX_MISMATCH: duplex mismatch discovered on FastEthernet0/1
 (not full duplex), with S_B FastEthernet0/1 (full duplex).

動作モードで問題が発生していることが、メッセージで表示されています。

S_Aから、S_Bにpingを行います。

S_A#ping 192.168.1.2

●S_Aの「ping」コマンドの出力
S_A#ping 192.168.1.2

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.1.2, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/2/4 ms

 動作モードで、問題が発生していますが、通信はできていることが確認できます。しかし、好ましい状況ではありません。

S_Aのf0/1インタフェースの状態を確認します。

S_A#show int f0/1

●S_Aの「ping」コマンドの出力
S_A#sh int f0/1
FastEthernet0/1 is up, line protocol is up (connected)
  Hardware is Fast Ethernet, address is 0006.2afb.9f81 (bia 0006.2afb.9f81)
  MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 100 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set
  Keepalive set (10 sec)
  Half-duplex, 100Mb/s, media type is 100BaseTX
  input flow-control is unsupported output flow-control is unsupported
  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
  Last input 00:00:22, output 00:00:01, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
  Queueing strategy: fifo
  Output queue: 0/40 (size/max)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     1019 packets input, 150970 bytes, 31 no buffer
     Received 378 broadcasts (0 multicast)
     0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 31 ignored
     0 watchdog, 297 multicast, 0 pause input
     0 input packets with dribble condition detected
     6345 packets output, 458622 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 2 interface resets
     0 babbles, 0 late collision, 1 deferred
     0 lost carrier, 0 no carrier, 0 PAUSE output
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

 上の黄色の網掛けから分かるように、S_Aの通信速度は、100Mbpsで、S_Aと一致していますが、動作モードが半2重となっており、一致していないことが確認できます。

オートネゴシエーションB  @AB

◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.