Ciscoルータで学ぶネットワーク > DHCP(動作・リースの更新と解放・コマンド)
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆DHCP(動作・リースの更新と解放・コマンド)

DHCPの動作


DHCPの動作の流れは、下図のように行われます。


1.DHCP Discover

クライアントはブロードキャスト「255.255.255.255」で、IPアドレスを割り当てるように要求を行います。

2.DHCP Offer

 この要求を、DHCPサーバは受け取り、送信元に「このIPアドレスはどうですか?」という提案(DHCP Offer)を送ります。この時、宛先MACアドレスには、送信元クライアントのMACアドレス宛てに送信します。

3.DHCP Request

 クライアントは、DHCP Offerで受け取った提案で良ければ、「その情報を使わせて下さい」という申請(DHCP Request)をブロードキャストします。

4.DHCP ACK

DHCPサーバは、クライアントに承認(DHCP ACK)メッセージを送信します。

 この流れを見て不思議に思うかもしれません。クライアントはDHCP Offerを受け取って、なぜ、すぐにその情報で設定しないのかということです。

 これは、複数のDHCPサーバが存在している状態を想定しているからです。1つのDHCP Discoverに対して、2つ以上のDHCP Offerがあった場合に、クライアントがどれか1つを選んでDHCP Requestを送信できるようにするためです。

 また、クライアントとDHCPサーバ間では、ブロードキャストによる通信が行われます。そのため、ブロードキャストを遮断するルータを超えた先のネットワークにDHCPサーバがある場合は、DHCPを利用できないという制限があります。

※ルータを超えた先のDHCPサーバにアクセスするには、DHCPリレーエージェントが必要になります。通常、この機能は、ルータでサポートされています。


リースの更新と解放


DHCPサーバが、DHCPクライアントにIPアドレスを割り当てることをリース(貸し出し)と言います。

 このリースされるIPアドレスは、DHCPサーバで定めているリース期限内だけ使用することが許されています。DHCPクライアントは、リース期限を越えて、IPアドレスを使用することは出来ません。

そこで、DHCPクライアントはリース期限を越えて、IPアドレスを使用したい場合には、リース期限の更新の要求を行います。


また、DHCPクライアントが、電源を切るなど、IPアドレスが不要になった場合には、下図のようにDHCP Releaseを行います。


 Windowsの場合、リース期限の半分が過ぎた時点で、IPアドレスをリースしてもらったDHCPサーバにリース期限の更新を要求します。この更新が成功するとリース期限が延長されます。

 もし、DHCPサーバがダウンしているなどの理由で更新に失敗した場合、DHCPクライアントは、さらに、リース期限の87.5%が経過した時点で、他のDHCPサーバにIPアドレスをリースしてもらう為に、DHCP Requestをブロードキャストします。

 どのDHCPサーバにも更新の許可を受け取れなかった場合は、リース期間が満了するのでDHCPクライアントはIPアドレスの使用を停止します。


DHCPリース/リリースを行うコマンド


 DHCPによるIPアドレスの自動取得を行っている場合、手動でDHCPから取得したIPアドレスの解放(Release)と更新(Renew)を行うことが出来ます。

 解放(Release)と更新(Renew)を自動取得に関しては、PCが起動する際などに自動的に行われるのですが、自動取得に失敗した直後やDHCPサーバの動作確認を直ぐに行いたい場合には、コマンドで更新するのが便利です。

 手動で解放と更新を行うには「ipconfigコマンド」を使用します。このコマンドは、コマンドプロンプト上で、TCP/IPに関する設定情報を表示するコマンドです。「ipconfig」で簡易表示を行ったり、「ipconfig /all」で詳細な情報を得ることができます。

この「ipconfigコマンド」は、オプションを指定することで、手動でDHCPの解放と更新を行うことができます。

◆ipconfig /release コマンド

 指定したネットワークアダプタにおけるDHCPサーバからリースされたIPアドレスを開放します。アダプタ名を省略した場合には、全てのアダプタが対象になります。


◆ipconfig /renew コマンド

 IPアドレスを解放(0.0.0.0)し、再度、自動的にIPアドレスを取得するという作業を行います。アダプタ名を省略した場合には、全てのアダプタが対象になります。


DHCPA  @ABCDEF

◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.