Ciscoルータで学ぶネットワーク > DNS(プライマリDNS/セカンダリDNS)
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆DNS(プライマリDNS/セカンダリDNS)

DNS(プライマリDNS/セカンダリDNS)


 DNSは階層構造になっています。この構造で負荷分散を行っているのですが、各ドメインのDNSサーバに障害が発生した場合はどうでしょうか?


 もし、DNSサーバに障害が発生して停止してしまうと、名前解決が行うことができず、公開しているほとんどのサービスが利用できなくなってしまいます。そこで、DNSサーバは、ドメインごとに最低2台以上用意することが求められています。

DNSサーバには、メインとなるプライマリDNSと予備となるセカンダリDNSがあります。

プライマリDNSは通常、ドメインに1つ用意して自分のドメインの情報(ゾーン情報)を設定し管理を行います。

 セカンダリDNSは、プライマリDNSや他のセカンダリDNSの予備となるDNSサーバで、何台あってもよいことになっています。プライマリDNSは、セカンダリDNSへゾーン情報のコピーを転送し、セカンダリDNSにプライマリDNSの設定情報のコピーを置いておきます。このことをゾーン転送と呼んでいます。

 ゾーン転送では、SOAレコード中のSerialの値が大きくなっていれば更新されていると見なしてゾーン転送を開始します。ゾーン転送には、TCPポートの53番が使用されます。


管理者は、プライマリDNSにゾーン情報を設定しておけば、後は自動的に他のセカンダリDNSに反映されるようになっています。

 タイムラグはありますが、どちらのDNSサーバを利用しても同じ情報が得られるようになっています。そのため、DNSクライアントの側でプライマリDNSかセカンダリDNSかを意識することはありません。


DNS(プライマリDNS/セカンダリDNSの配置)


 DNSサーバには、メインとなるプライマリDNSと予備となるセカンダリDNSがあります。ここでは、プライマリDNS、セカンダリDNSの配置について説明してゆきます。

 DNSサーバを構築する場合には、どこにDNSサーバを配置するかを考えなければなりません。利用するネットワークの事情や目的に応じて配置を決定します。

プライマリDNS、セカンダリDNSを自ネットワークに置くのか外に置くかで以下の3パターンが考えられます。

1.プライマリDNSとセカンダリDNSの両方を外部に置く
2.プライマリDNSは自ネットワーク内、セカンダリDNSは外部に置く
3.プライマリDNSもセカンダリDNSも自ネットワーク内に置く



 どのパターンが良いのかは、ネットワークの事情によって変わってきますが、「2」のユーザ側である自ネットワーク内にプライマリDNSをISP側にセカンダリDNSを配置するのが一般的です。

 プライマリDNSを自ネットワークに配置することで、自ネットワークの変更を直ぐに反映させることができ、能動的に管理を行うことができます。

また、セカンダリDNSを外部に置くことで、自ネットワークがダウンする事態を避けることができます。

DNSC  @ABCDEF

◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.