Ciscoルータで学ぶネットワーク > IEEE802.11b・IEEE802.11gのチャネル
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆IEEE802.11b・IEEE802.11gのチャネル

IEEE802.11bのチャネル


 IEEE802.11b規格は、従来のIEEE802.11規格と互換性を持たせた規格です。無線周波数は2.4GHz帯を使用し、伝送速度を2Mbpsから理論上の最大で11Mbps出せます。家の中でも広い範囲でデータ通信が可能で、電波を使う他の機器との干渉が少ないため、安定して利用することができます。

 IEEE802.11gと同様に、フリースポットと呼ばれる無線LANアクセスポイントを設置した公共空間(駅や公共機関、宿泊施設、カフェなど)で利用できます。

※最大転送速度は、理論上の速度です。通信の手順等により、実効速度は、もっと遅くなります

 IEEE802.11bでは、1ch〜14chの14チャネルが利用できます。下位互換のあるIEEE802.11gでは、1ch〜13chの13チャネルなので、注意が必要です。


 下図の通り、同時に使用できるチャネル数は、4つです。電波干渉を起こさないようにするためには、5チャネル以上の間隔を空ける必要があります。

それは、チャネル間隔が5MHzで、1つのチャネル幅が22MHzあるからです。

14chは、日本だけに存在するチャネルとなっている為、同時に使用できるチャネル数は、海外では、3つになります。

 同時に4チャネル使用できるチャネルの組み合わせは、1ch/6ch/11ch/14chになります。同時に4チャネル使用しないのであれば、3ch/8ch/13ch等の組み合わせが可能です。


IEEE802.11gのチャネル


 IEEE802.11gは、IEEE802.11.bの上位互換の方式で、IEEE802.11.bの方式にも対応できます。その為、IEEE802.11.bで無線LANを構築していた場合に、IEEE802.11gを利用すればスムーズに、移行することができます。

無線周波数は、IEEE802.11.bと同じく、2.4GHz帯を使用し、理論上の最大伝送速度が、54Mbps出せます。

※最大転送速度は、理論上の速度です。通信の手順等により、実効速度は、もっと遅くなります。

 IEEE802.11bでは、1ch〜14chの14チャネルが利用できましたが、IEEE802.11gでは、1ch〜13chの13チャネルが使用できます。使用できるチャネル数が、異なるので注意が必要です。


 IEEE802.11gでは、14chが使用できないので、下図の通り、同時に使用できるチャネル数は、3つになります。電波干渉を起こさないようにするためには、IEEE802.11bと同様、5チャネル以上の間隔を空ける必要があります。

それは、チャネル間隔が5MHzで、1つのチャネル幅が22MHzあるからです。

 同時に使用できるチャネルは、1ch/6ch/11ch、2ch/7ch/12ch、3ch/8ch/13ch等の組み合わせが使用できます。十分間隔を空けて、1ch/7ch/13chを使用してもかまいません。


IEEE802.11bとIEEE802.11gの混在時


 IEEE802.11gには、IEEE802.11bとの後方互換性があるので、2つの規格の通信を行うことができます。下図のチャネルの配置図を見てもらえば同じ周波数帯域を利用していることが分かります。

 しかし、IEEE802.11bとの混在の環境下で同じチャネルを同時に使用すると、IEEE802.11b側に合わされてしまいます。そのため、IEEE802.11g端末の通信速度が低下します。


 IEEE802.11gは、IEEE802.11.bの上位互換の方式で、IEEE802.11.bの方式にも対応できるため、既存の無線LANが、IEEE802.11.bで構築されていた場合でもスムーズに、移行することができます。

 IEEE802.11bとIEEE802.11gとの混在環境では、IEEE802.11b側に合わされてしまうので、早い段階で、IEEE802.11gの機器で統一することが望ましいと言えます。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.