Ciscoルータで学ぶネットワーク > FTTH
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆FTTH

FTTHとは


FTTHは、Fiber To The Homeの略で、FTTxのうち一般個人宅まで直接引き込まれる網構成を指します。

 FTTxには、FTTH(Fiber To The Home)、FTTC(Fiber To The Curb)、FTTB(Fiber To The Building)があります。通信事業者から各家庭(Home)、Curb(街区)、ビル(Building)までを光ファイバで接続し、高速通信を実現します。

 ADSLでは、収容局からの距離が離れていると、距離に比例して通信速度が低下しましたが、光ファイバの場合、距離による伝送損失の影響が少なく、AMラジオや電磁的なノイズ源からの干渉の影響を受けない為、安定した通信を行うことができるのが特徴です。

 光スプリッタ(光カプラ)で分岐せずに収容局とユーザ宅を1対1で接続する方式を「シングルスター方式」といい、分岐して1対Nで接続する方式を「ダブルスター方式」と呼んでいます。

現在、広まっているのは、IEEE802.3ah標準のGE-PON (Gigabit Ethernet-Passive Optical Network)です。

その接続例は、下図の通りです。


 宅内のONU(Optical Network Unit)は、電気信号と光信号を変換する機能を持つ装置で、光スプリッタと呼ばれる装置に接続されます。光スプリッタは、収容局からの光回線を分岐しています。

光スプリッタは、クロージャとも呼ばれるグレーのケース(NTTでは)の中に収容されています。

 収容局には光回線終端装置であるOLT(Optical Line Terminal)が設置されています。ONUとOLTは、対をなす装置で、光信号を伝送する媒体である光ファイバや光スプリッタは、光信号を通すだけの装置です。その為、PONという名称が使われています。

PON(Passive Optical Network)のPassiveは、「受動的」という意味です。

OLTの先にインタネットが接続されています。


FTTHの工事


 光ファイバー導入時には、家の壁に穴を開ける必要があります。しかし、最近では、光ファイバケーブルが改良されており、配管が通っている建物の場合、その配管へ光ファイバケーブルを通すことで、穴を開けるケースが少なくなっています。

 また、エアコンの室外機の配管が既にある場合、その室外機への配管へ光ファイバケーブルを通すことで、わざわざ家の穴を開けなくて済むケースもあります。


 FTTHで、工事費が発生するので注意が必要です。ADSLでも工事が必要ですが、ADSLの工事は、収容局内における工事が基本で、自宅での工事は基本的にはありません。固定電話を既に契約している場合には、既に屋内に電話線が配線されていて、差し込み口が壁にあるからです。

 FTTHでは、工事が大がかりになります。それは、光ファイバケーブルを自宅内に引き込む必要があるからです。工事費として、20,000〜30,000円します。

 工事費無料の場合もありますが、それは、あくまで基本工事で済んだ場合です。エアコンを購入した場合、基本工事で済まない場合には、追加料金が必要ですよね。FTTHにおいても、基本工事で済まない場合は、追加料金が発生するケースがあります。

 仮に、基本工事が無料で済んだとしても、解約する際に、取り外し工事が必要になります。その際の費用は、自己負担のケースがありますから、契約する際にはよく確認してから契約を行いましょう。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.