Ciscoルータで学ぶネットワーク > ピアツーピアとクライアントサーバ
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆ピアツーピアとクライアントサーバ

ピアツーピアの仕組み


 ピアツーピア型のネットワークなのか、クライアントサーバ型のネットワークなのかを簡単に説明するとネットワーク内にサーバを置くか置かないかで決まります。

ネットワーク内にサーバを置かない方式が、ピアツーピア型のネットワークです。

SOHOや小さなオフィスなどのコンピュータの台数の少ないネットワークで、このピアツーピア型が向いています。


 ピアツーピア型では、全てのコンピュータ同士が対等に通信を行います。ネットワーク上には、サービスを供給する側と受ける側が存在します。

 この方式では、役割を固定せずに状況に応じて、あるときはサービスを供給する側、あるときは、サービスを受ける側になります。

 手軽にネットワークを利用することができますが、この方式では、ネットワークの規模が大きくなってくると、運用管理が難しくなってきます。ネットワークの使用率が上がったり、セキュリティの管理が煩雑になってしまいます。

 特に、ユーザ数が多くなってくるとセキュリティの基本である「どのユーザにどの資源を許可して、どの資源を許可しないのか」を管理するのが難しくなります。


クライアントサーバの仕組み


大規模で、複雑なネットワークも部分的に見てゆけば、基本的には2台のパソコン(機器)との通信で成り立っています。


 通常、片方のパソコンのアプリケーションは、いつでも通信が行えるように起動した状態で待機しています。もう一方のパソコンのアプリケーションが、あらかじめ起動しているアプリケーションを呼び出し、呼び出された側が応答を返すことで、通信を行います。

 この方式を、クライアントサーバ型と言い、ネットワークのサービスプログラムの多くは、この方式で動作しています。クライアントサーバ型では、サービスを供給する側と受ける側を固定して、役割を明確にしています。


 この形式では、ユーザアカウントを一元管理することができます。セキュリティ管理で重要な「どのユーザにどの資源を許可して、どの資源を許可しないのか」です。

 ユーザ数が多くなってくると、この管理が煩雑になってきますが、一元管理できるこの方式では、管理が容易になります。ネットワークの規模が大きく、セキュリティ管理、ファイルの管理、プリンターの共有、電子メールの管理を一元管理したい場合にこの方式は有用です。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.