Ciscoルータで学ぶネットワーク > Proxy ARP
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆Proxy ARP

Proxy ARP


「Proxy ARP」は、代理ARPとも呼ばれます。

 Proxy ARPは、あるホスト宛のARP要求に対して、ルータが、そのホストに代わってルータのMACアドレスで応答をします。サブネットを理解できない(設定できない)ホストが存在するネットワークで使用されます。

下のネットワーク構成のように、ネットワークアドレスが包含関係にあるようなネットワークで有効です。


※Router_AのF0インタフェースに「172.16.0.0/16」ネットワークに属するIPアドレスを割り当てることはできません。E0インタフェースのIPアドレスとオーバーラップするからです。Ciscoルータの場合、無理やり割り当てようとしても下のようにルータに警告されます。

Router_A(config-if)#ip address 172.16.255.254 255.255.0.0
% 172.16.0.0 overlaps with Ethernet0

ルータには、オーバーラップしないように正しいIPアドレスを割り当てる必要があります。

話は戻ります。

コンピュータAが所属する本当のネットワークは、「172.16.1.0/24」
コンピュータBが所属するネットワークは、「172.16.2.0/24」

になっています。

 しかし、コンピュータAのサブネットマスクは、「255.255.0.0」になっているため、コンピュータAは、自分が「172.16.0.0/16」に所属していると勘違いしています。

つまり

 ルータの左側が「172.16.0.0/16」ネットワークで、ルータの右側が「172.16.2.0/24」になっており、次の関係が成り立っています。

172.16.0.0/16 ⊃ 172.16.1.0/24

 コンピュータAからコンピュータBにパケットを送信する場合、コンピュータAは、コンピュータBと同じネットワークに所属していると判断してしまいます。

 そこで、コンピュータAは、デフォルトゲートウェイのIPアドレスに対してではなく、コンピュータBのIPアドレスに対してARP要求を行います。

 ARPは、ブロードキャストを使用するため、同一ネットワーク(サブネット)内であれば、MACアドレスの解決を行うことができますが、別ネットワーク(サブネット)にあるホストのMACアドレスは、解決することができません。

 そこで、Proxy ARPが有効なインタフェースを持つルータが、このARP要求を受信した場合、コンピュータBの代わりにARP応答パケットを送信します。

その結果、コンピュータAは、コンピュータBと同じネットワークに所属しているかのように通信が行えます。


話は戻ります。

コンピュータAが所属する本当のネットワークは、「172.16.1.0/24」

コンピュータBが所属するネットワークは、「172.16.2.0/24」

になっています。

 しかし、コンピュータAのサブネットマスクは、「255.255.0.0」になっているため、コンピュータAは、自分が「172.16.0.0/16」に所属していると勘違いしています。

つまり

 ルータの左側が「172.16.0.0/16」ネットワークで、ルータの右側が「172.16.2.0/24」になっており、次の関係が成り立っています。

172.16.0.0/16 ⊃ 172.16.1.0/24

 コンピュータAからコンピュータBにパケットを送信する場合、コンピュータAは、コンピュータBと同じネットワークに所属していると判断してしまいます。

 そこで、コンピュータAは、デフォルトゲートウェイのIPアドレスに対してではなく、コンピュータBのIPアドレスに対してARP要求を行います。

 ARPは、ブロードキャストを使用するため、同一ネットワーク(サブネット)内であれば、MACアドレスの解決を行うことができますが、別ネットワーク(サブネット)にあるホストのMACアドレスは、解決することができません。

 そこで、Proxy ARPが有効なインタフェースを持つルータが、このARP要求を受信した場合、コンピュータBの代わりにARP応答パケットを送信します。

その結果、コンピュータAは、コンピュータBと同じネットワークに所属しているかのように通信を行うことができます。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.