Ciscoルータで学ぶネットワーク > RARP
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆RARP

RARP


RARP(Reverse Address Resolution Protocol)とは、ARPと逆の動作をするプロトコルです。

 ARPは、IPアドレスからMACアドレスを取得しますが、RARPは、MACアドレスから、IPアドレスを取得します。 RARPは、主にディスクレスパソコンのようなIPアドレスを保存することができない端末が使用します。

 ディスクレスパソコンは、IPアドレスを保存できるハードを持たないので、ネットワークに参加する段階では、自分のMACアドレスしか分からないことになります。



そこで、次の手順を使って自分のIPアドレスを取得します。

1.自分のMACアドレス、自分のIPアドレスはにブランクを入れたRARP要求パケットを、ブロードキャストアドレスで送出する。

2.RARPサーバが、RARP要求パケットを受け取り、問い合わせのあったMACアドレスに対応するIPアドレスを一覧から探し出す。

3.問合せのあったディスクレスパソコンにRARP応答を返す。このパケットには、MACアドレスと発見したIPアドレスが書き込まれている。


RARPは、MACアドレスから、IPアドレスを取得します。 

RARPの動作は、次の2つのやり取りからなります。

●RARP要求

自分のMACアドレス、自分のIPアドレスはにブランクを入れたパケットを、ブロードキャストアドレスで送出する。

●RARP応答

RARPサーバが、RARP要求の送信元に、割り当てるIPアドレスが書き込んだパケットを送信する。


●RARPヘッダの構造

RARPヘッダ構造は、ARPヘッダと共通です。オペレーションコードで、使い分けるようになっています。

※イーサネットの場合
0 7 8 15
ハードウェアタイプ
(16ビット)
プロトコルタイプ
(16ビット)
HLEN
(8ビット)
PLEN
(8ビット)
オペレーションコード
(16ビット)
送信元MACアドレス
(48ビット)
送信元IPアドレス
(32ビット)
宛先MACアドレス
(48ビット)
宛先IPアドレス
(32ビット)
←―― 16ビット ――→

●オペレーションコード(ARP/RARP)

ARPの動作の種類を表すためのコードが入る。

コード 動作
1 ARP要求
2 ARP応答
3 RARP要求
4 RARP応答

 RARPで得られる情報は、IPアドレスだけです。サブネットマスクやゲートウェイアドレス、DNSサーバアドレスなど今日のIPコンフィグに欠かせない情報を得ることができません。

現在では、より機能の充実したBOOTPやDHCPによる自動設定が主流となっています。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.