Ciscoルータで学ぶネットワーク > ARP要求の中身
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆ARP要求の中身

ARP要求の中身


ここでは、ARP要求の中身について、詳しく説明して行きます。

 コンピュータAが、コンピュータEのIPアドレスからコンピュータEのMACアドレスを解決するために使用するARP要求パケットの中身について説明して行きます。


コンピュータAが送信するARP要求パケットは下の構成になっています。



◆MACヘッダ

 イーサネットフレームのヘッダには、宛先MACアドレス、送信元MACアドレス以外もありますが、ここでは、宛先MACアドレス、送信元MACアドレスだけを示します。

ARP要求は、ブロードキャストになります。そのため、宛先MACアドレスは、「FF:FF:FF:FF:FF:FF」になります。

宛先MACアドレス 送信元MACアドレス
FF:FF:FF:FF:FF:FF 00:17:42:5B:33:01

◆ARPヘッダ

ARP要求パケットのヘッダは、次のようになります。

0 7 8 15
ハードウェアタイプ (16ビット)
"0001"(16進)
プロトコルタイプ (16ビット)
"0800"(16進)
HLEN (8ビット)
"48"(10進)
PLEN (8ビット)
"32"(10進)
オペレーションコード (16ビット)
"1"(10進)
送信元MACアドレス (48ビット)
"コンピュータAのMACアドレス"
00:17:42:5B:33:01
送信元IPアドレス (32ビット)
"コンピュータAのIPアドレス"
192.168.1.1
目標MACアドレス (48ビット)
分からないので"0"が入る
目標IPアドレス (32ビット)
"コンピュータEのIPアドレス"
192.168.1.5
←―― 16ビット ――→

目標MACアドレスは、分からないので「0」が格納されます。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.