Ciscoルータで学ぶネットワーク > ARPとは
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆ARPとは

ARPとは


 LANにおいては、イーサネットという仕組みで通信を行います。ここでは、IPアドレスとMACアドレスを使って、実際にどのように通信が行われるかについて説明してゆきます。

ここで、おさらいをしておきます。

IPアドレス ・・・ 論理アドレス
MACアドレス ・・・ 物理アドレス

と呼ばれています。

 IPアドレスは、あるネットワークに参加しているコンピュータに、グループ分けがし易いように人間が便宜上、勝手に設定するアドレスです。

 他のコンピュータから見れば、どのIPアドレスが振られたのか分かりません。また、別のネットワークにコンピュータを移動させた場合、人間がグループ分けし易いように、IPアドレスが変更されます。

 このように、IPアドレスだけでは、通信する相手が、どのIPアドレスを割り当てられたのか分かりませんし、通信する相手も自分のIPアドレスが分かりません。

 MACアドレスは、ハードウェア固有に割り当てれる番号で、この番号は、製造時にROMに書き込まれており、基本的に変更できません。(※変更することもできます。)

このMACアドレスは、他のネットワークに移動しても変わることはありません。

 イーサネットでは、このIPアドレスとMACアドレスの2つのアドレスを使用して、通信する相手を特定する仕組みを持っています。

 この仕組みは、ARP(Address Resolution Protocol)というプロトコルで実現されます。ARPとは、TCP/IPネットワークにおいて、IPアドレスからMACアドレスを求めるのに使われるプロトコルです。

※紛らわしいことにRARP(Reverse Address Resolution Protocol)も存在します。こちらは、MACアドレスを元にIPアドレスを求めるプロトコルです。紛らわしいことから、多くの検定試験で、ARPとRARPは、セットで出題されます。

ARPがどんなことを行うのかは、次のように例えることができます。

 例えば、メールでしか、やり取りしかしたことがないメル友の「A子さん」と、初めて会う約束をし、12時に駅前で待ち合わせることにしました。2人は初対面となります。その人とはメールで、文章しかやり取りしたことがなく、顔が分かりません。分かっているのは、名前だけです。

 あなたは、12時に待ち合わせの駅に行きました。駅前にはたくさんの人だかりがいました。あなたは、どうやって待ち合わせの人を見つけますか?

「Aさん」はどこだろう?

何もしなければ、顔が分からないので、いつまで経っても「A子さん」を見つけることはできません。

「A子さーーーーーん!」と大声で叫んだらどうでしょうか?


「A子さーーーん」

そこに「A子さん」がいれば、「A子さん」は、返事をしてくれるはずですよね!

「はーーい」


こうして、あなたは、名前しか知らない「Aさん」を見つけることができます。

この、みんなに、大声で叫んで、相手を見つける作業を行ってくれるのがARPなのです。


ARPの仕組み


 IPアドレスは、あるネットワークに参加しているコンピュータに、グループ分けがし易いように人間が便宜上、勝手に設定するアドレスです。

 他のコンピュータから見れば、どのIPアドレスが振られたのか分かりません。つまり、通信したい相手のIPアドレスが分かっても、どのコンピュータにそのIPアドレスが割り当てられているのか分からないのです。

 例えば、コンピュータAがコンピュータEと通信する場合、コンピュータEのIPアドレスが分かっても、コンピュータEがどのコンピュータなのかは、分かりません。


そこで、コンピュータAは、ネットワーク上の全てのコンピュータに対して、

コンピュータEですか?

という問合せを行います。

これを、ブロードキャストと言います。


コンピュータB、コンピュータC、コンピュータDは、自分宛の問合せでないので、無視します。

コンピュータEは、自分宛の問合せなので、コンピュータAに対して返事を返します。

こうして、コンピュータAは、コンピュータEを見つけることができます。

 コンピュータAが行った全てのコンピュータに対する問合せ(ブロードキャスト)のことをARP要求と言います。また、コンピュータEがコンピュータAへ返事をしたことをARP応答と言います。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.