Ciscoルータで学ぶネットワーク > IPアドレスの基本
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆IPアドレスの基本

IPアドレスの基本


IPアドレスには、IPv4とIPv6の2つのバージョンが存在します。ここでは、IPv4について説明してゆきます。

IPアドレスは、32ビットの数値として、ネットワークに参加する各端末に与えられるものです。

1ビットは、「0」もしくは、「1」のことです。

この「0」と「1」を32個つなぎ合わせたものがIPアドレスです。

あるIPアドレスをそのままで「0」と「1」で表現すると、「1」と「0」の文字列が続いてしまいます。

こんな感じです。

 10010111011111110001101000001001

上の数字を見て何かを感じませんか?

この数字をぱっと見ただけで、覚えることができるでしょうか?

ちょっと無理ですよね。人間にとっては、この長い「0」と「1」の組み合わせを見ても、模様にしか見えませんよね!

コンピュータにとっては、扱いやすいかもしれませんが、人間にとっては、ちょっと扱いにくいですよね!

次のIPアドレスを見て下さい。

 10010111011111110001101000001001

 と

 10010111011111110101101000001001

は、異なるアドレスですが、一瞬で見分けることができますか?

難しいですよね!

 そこで、便宜上、8桁ごとに区切ります。8桁(8bit)ごとに区切ることをオクテット区切りと言います。区切りに「.」を入れて、区切りが分かるようにしています。そうすると4分割されます。

そして、区切られた8桁ごとの2進数を10進数に変えて表現するようになっています。

 10010111.01111111.00011010.00001001

4分割された1区画をそれぞれ、10進数に変換してゆきます。

 (10010111)2 = (151)10

 (01111111)2 = (127)10

 (00011010)2 = (26)10

 (00001001)2 = (9)10

最終的に、この2進数で表されたIPアドレスを10進数で表すと以下のようになります。

 151.127.26.9

この表現で、随分、分かり易くなったはずです。

この変換を図で分かりやすくしたものが以下の図になります。


 各値は、8ビットなので、最大255になります。つまり、オクテットで区切られた各部分は、最低で0、最大で255の値が入ることになります。

IPアドレスの最小値は、「0.0.0.0」で最大値は、「255.255.255.255」になります。

また、IPアドレスは、32ビットで構成されることから、

 232 = 4,294,967,296


となり、約43億のIPアドレスがあることが分かります。


ネットワークアドレスとホストアドレス


このIPアドレスが、連番の単純な番号としての仕組みでしかなく、フラットなアドレス体系であった場合は、どうでしょうか?

「150.10.36.1」を東京のあるコンピュータ

「150.10.36.2」をニューヨークのあるコンピュータ

「150.10.36.3」をシドニーのあるコンピュータ

に割り振ったとします。

 もしも、このようにIPアドレスを割り振ってしまうと、メールを1つ送るたびに世界中のコンピュータから該当するコンピュータを探し出さなくてはなりません。

 このように無秩序にIPアドレスを割り振ってしまうと、同じネットワーク内にばらばらのIPアドレスが存在し、管理が大変になります。私たちが生活している住所情報は、どのようなアドレッシングになっているか確認してみましょう。

「東京ディズニーランド」の住所は、

千葉県浦安市舞浜1-1

という住所です。

「東京ディズニーランド」は千葉県にあるのが分かります。

「東京ディズニーランド」に行くために、世界地図を広げて探さないで済みますよね!

日本地図を広げて、千葉県の中から探せばよいのです。

このように、アドレッシングは、地域を指すアドレス情報があったほうが断然、使い勝手がよいのです。

そこで、IPアドレスも、住所情報と同じく、階層的なアドレス構成になっています。

IPアドレスは、「ネットワークアドレス」と「ホストアドレス」から構成されます。


TCP/IPネットワークは、さまざまなネットワークが繋がっているネットワークの複合体です。

あるコンピュータへメールを送る場合のパケットの流れは、以下のようになります。

 パケットを送り出す時、まずは、宛先のネットワークへめがけて送り出します。宛先ネットワークに到着してから、宛先のコンピュータを探せばよいわけです。このように、アドレスを階層構造にすることで、パケットを配送するのも効率よくなりますし、IPアドレスの管理も容易になります。

 IPアドレスは、「ネットワークアドレス」と「ホストアドレス」から構成されるわけですから、ばらばらにIPアドレスを割り当てたのでは効率が悪くなってしまいます。


1つのネットワークに同じネットワークアドレスを持つIPアドレスを割り振るようになります。


ブロードキャストアドレス


 IPアドレス中には、いくつかのIPアドレスが予約されています。その予約された特殊なIPアドレスにネットワークアドレスとブロードキャストアドレスがあります。ここでは、ブロードキャストアドレスについて説明して行きます。

 IPアドレスは、ネットワークアドレス部分とホストアドレス部分で構成されます。ブロードキャストアドレスは、ホストアドレス部分が、全て「0」のアドレスのことを指します。

例えば、「150.10.0.0/16」のブロードキャストアドレスは「150.10.255.255」です。

 このアドレスは、「150.10.X.X」のネットワークアドレスということは、分かっているが、ホストアドレスまでは、分からないことを意味します。

「150.10.0.0/16」の

 「150.10.255.255」としてデータを送信すれば、「150.10.X.X」に属する全てのホスト「150.10.1.1」〜「150.10.255.254」の端末が宛先となります。

このように、1つのネットワークに属する全てののホストを対象にして、データを送信することをブロードキャストといいます。

このブロードキャストは、各ネットワーク機器が情報を問い合わせるために利用されます。


「150.10.25.255」で送信されたパケットは、「150.10.0.0/16」内の全ての端末に届きます。

 ルータから先のネットワークへ、このパケットが配送されることはありません。ルータは、ブロードキャストをブロックし他のネットワークへ転送しないからです。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.