Ciscoルータで学ぶネットワーク > TCPによる通信とUDPによる通信
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆TCPによる通信とUDPによる通信

TCPによる通信


 TCPは、OSI参照モデル4層のトランスポート層に位置するプロトコルです。TCPは、アプリケーションから渡されたデータを転送に最適なサイズに分割します。このことを、セグメント分割といいます。


小分けにされたセグメントには、ヘッダが付けられます。ヘッダには、以下のような情報などが含まれています。

シーケンス番号

 送信元のTCPが割り振った順番どおりにデータを組み立て直し、アプリケーション層のプロトコルにデータを渡すための番号です。

 パケットは、送った順に届くとは限りませんし、送ったパケットが全て宛先に届くとは限りません。配送される際に、破棄されることもありますし、迷子になってしまうこともあります。


 上の図では、データ(パケット)は、下の経路を通っていますが、上の経路を通る場合もあります。パケットによって、目的地までの経路が異なる場合もあるのですから、パケットは、送った順に届くとは限りません。

◆確認応答番号

 TCPによる通信では、パケットがちゃんと届いていれば、送信元に通知します。また、荷物が途中で壊れたり、紛失してしまった場合、そのことを通知したり、到着の通知がないことを確認することで、データを確実に相手に届けることができます。


 TCPが、こうした作業を行うことによって、送信元のアプリケーションは、配送ミスを気にするとなく、自分たちの仕事に専念できるようになっています。

 なお、データ通信には、信頼性が必要ないこともあります。TCPでは、確実にデータを相手に届けるための各種確認作業があるため、オーバーヘッドが大きいとデメリットがあります。

そのため、TCP/IPネットワークでは、TCPの代わりにUDP(User Datagram Protocol)というプロトコルが用意されています。


UDPによる通信


 上の「TCPによる通信」で説明したように、TCPでは、確実にデータを相手に届けるための各種確認作業があるため、オーバーヘッドが大きいとデメリットがあります。

 TCPはデータの到着を保障するため、ネットワークで荷物が途中で壊れたり、紛失してしまった場合、そのことを通知したり、到着の通知がないことを確認したり、再送を行うことで、リアルタイム性が損なわれます。

 また、TCPはネットワークが混雑していると輻輳制御を行い、データ送信量をコントロールして減らすこともあります。そのことによってもTCPのリアルタイム性が損なわれています。

 そのため、TCP/IPネットワークでは、TCPの代わりにUDP(User Datagram Protocol)というプロトコルが用意されています。 UDPでは、リアルタイム性を損なう確認応答や再送、輻輳制御がないため、TCPよりもリアルタイム性が高い利点というがあります。


 この利点を生かして、リアルタイム性が重要視される映像や音声のストリーミングなどのアプリケーションや、IP電話(VoIP)で利用されています。


TCP/IPの歴史


 TCP/IPは、1960年代後半にスタートした米国防総省のパケット交換型ネットワークの研究に端を発します。TCP/IPの運用歴史は古く、今では、インターネットのスタンダードになっています。当時のデータ通信の仕組みは、大型コンピュータ同士をモデムで結び、1つの回線で1組だけが占有するという非効率なものでした。

 TCP/IPは、パケット交換による通信の仕組みです。1つの回線で複数組がデータ通信を行うことができます。TCP/IP、1969年に米国防総省の研究機関と米西海岸の4つの大学、研究所を結ぶパケット交換ネットワークとして運用がスタートしました。

これがインターネットの起点となるARPANETです。

 もともとARPANETは、軍事目的で核戦争などで、ネットワークの一部が破壊されても、残された部分でも機能する通信ネットワークを求めて開発されたものですが、これが、最終的に現在のインターネットなにっています。

●TCP/IP年表
1960年代後半 米国防総省、パケット交換型ネットワークの研究に着手する。
1969年 パケット交換型ネットワークのARPANETの運用が始まる。
1975年 TCP/IPの公開、試験運用が始まる。
1983年 ARPANETの標準プロトコルとして採用する。
BSDが、UNIXとして、初めてTCP/IPを標準実装する。
Sun Micro Systemsが自社UNIXにTCP/IPを実装する。
1980年代後半 UNIX系システムを中心にLANで普及してゆく。
1990年代前半 PCへの普及が始まる。(WinSock、MacTCP)
1995年 Windows95で、WinSockが標準実装する。
2000年頃 ブロードバンドの普及

 1995年度末にWindows95が発売された辺りから、一般家庭でもTCP/IPがなじみ深いものになってゆきます。この辺りは、皆さんの記憶にも新しいところではないでしょうか。

 この後のTCP/IPの普及は目覚しいものがあります。2000年頃からは、各家庭へのブロードバンドの普及してゆきます。この辺りからは、TCP/IPは、私たちの生活に欠かせないものになっています。
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.