Ciscoルータで学ぶネットワーク > プロトコルとは
当サイト概要CCNA・CCENT・資格書籍学習環境の準備リンクについてリンクの申込お問い合せプライバシーポリシー
◆プロトコルとは

プロトコルとは


プロトコル(protocol)とは、広辞苑で、その意味を調べると

1.(条約の)原案。議定書。
2.外交儀礼。
3.コンピューター‐システムで、データ通信を行うために定められた規約。情報フォーマット、交信手順、誤り検出法などを定める。

とあります。

なぜ、プロトコルがないと困るのでしょうか?

スポーツで例えてみます。

野球のルールを知らなければ、野球はできません。

また、対戦相手も野球のルールを知っていなければ、なりません。

こちらが、野球のルールで、対戦相手がサッカーのルールでプレイするのであれば、試合が成り立ちません。

つまり、お互いが、同じルールを使用しなければ、試合が成り立ちません。

 実社会においても、プロトコル(約束事)がなければ、国同士が良い関係を結ぶことができません。政治、経済、貿易などで摩擦が生じてしまいます。

下手をすると、戦争を引き起こしてしまうかもしれません。両者が良い関係を結ぶには、両者間に約束事が必要です。

ネットワークの世界でも同じことが言えます。

お互いに同じルールに基づいて通信しなければ、通信が成り立ちません。


 例えば、2台のコンピュータ間で、通信を行おうとする場合、事前に、たくさんの約束事(プロトコル)を取り決めておかないと通信できないのです。

●ケーブルの形状
●電気信号
●コネクタの形状
●エラー訂正

これら、どれか1つでも欠けるだけで通信はできません。

プロトコル(約束事)は、たくさんあります。

 例えば、シリアルポートの規格であるRS-232−C、モデムの規格であるV.90、V.34、ブロードバンド接続のADSL、FTTHなどです。LANで使用されるイーサネットもプロトコルです。

 このように、様々な種類のプロトコルがあります。その中でも、インターネットやLANで最も普及して一般的に使われているのがTCP/IPプロトコルです。

 ネットワークを理解する上で、TCP/IPプロトコルの理解は欠かせないものとなっております。後のコンテンツでTCP/IPプロトコルについて説明してゆきます。


異機種間接続が可能


上の「プロトコルとは」で説明したように、互いに通信を行うためには、プロトコル(約束事)を合わせておく必要があります。

 今でこそ、TCP/IPプロトコルは、インターネット、LANのスタンダードになっていますが、一昔前までは、各メーカごとに約束事が違い、OS、メーカーが違えば通信できないことが当たり前でだったのです。


上の図を見て下さい。お互いに、プロトコル(約束事)が違うわけですから、このままでは、通信することができません。

 人間のコミュニケーションも同じです。日本語を使う日本人と英語を使うアメリカ人は、そのままでは、うまくコミュニケーションがとれないのと同じです。うまく、コミュニケーションをとるには、どちらかが相手の言語に合わせてしゃべるか、通訳が必要になってきます。

それは、通信の世界でも同じです。以下のプロトコルは、それぞれの機種同士の通信が前提になってしまいます。

OS プロトコル
Windows(IBM互換機) NetBEUI
Macintosh AppleTalk
Netware IPX/SPX
UNIX,Linux TCP/IP
※各OSの最新バージョンでは、TCP/IPが標準になっています。

同じプロトコルを使用するコンピュータであれば、通信できますが、機種やOSの違えば通信できません。

 ネットワークは、機種やOSの違いに関係なく、どんなコンピュータでもネットワークに参加できなければ、使い勝手が良くありません。そこで、機種やOSの違いに関係なく、どんなコンピュータでもネットワークに参加させることができるプロトコル、そTCP/IPが注目されたのです。

 TCP/IPの歴史は古く、1960年に、米国国防総省の研究機関であるDARPA(Defence Advanced Research Project Agencyが、異機種間の通信を可能にするために定めたARPANET用の通信プロトコルです。

 TCP/IPはあらゆる面でオープンであったため、TCP/IPは、インターネットのみならず、イーサーネットの標準プロトコルになっています。現在インターネットが広く普及した要因として、このTCP/IPの存在が挙げられます。TCP/IPは機種依存しない仕組みを持つので世界標準になっています。

 TCP/IPは、事実上、インターネット、イーサネットでスタンダードになっていますが、実際のネットワークは、少々複雑です。現在でもメーカ独自のプロトコルを使用しているコンピュータが少なからずネットワークに存在します。その際、相互接続を行うには、ゲートウェイが必要になってきます。


RFCとは


TCP/IPプロトコル体系の各プロトコルのほとんどは、RFC(Request For Comment)という名称の文書でまとめられています。

例えば

●IP ・・・ RFC 791
●TCP ・・・ RFC 793
●HTTP ・・・ RFC 2616
●FTP ・・・RFC 959

などがあります。

RFCは、IETFが標準化のための仕様を策定するために、一般に公開された文書でインターネット上で公開されています。


RFCの各文書は、IETFのWebサイトなどで閲覧することができます。

http://www.ietf.org/
◆Menu
◆スポンサードリンク
◆Amazon

Copyright(c)2014〜 Ciscoルータで学ぶネットワーク All rights reserved.